俳句添削道場(投句と批評)

小西晴菜さんの添削得点の高い順の7ページ目

「ケロリンの桶のぬめりや春の宵」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: ケロリンの桶のぬめりや春の宵

げばげば様。いつも丁寧なアドバイスをありがとうございます。なかなか返信できず申し訳ありません。
拙句「昨日の豆」にもご提案ありがとうございます。ご提案も、御句も、また各種の選考で選ばれておられるげばげば様の作品も、一貫して「具体性」を重視しておられるのがよくわかります。一瞬で映像が浮かぶというか····。
子どもの頃行った銭湯と、大人になってから行った温泉と、確かにどちらも桶が「ケロリン」だったのですが、偶然ではなく「あるある」だったんですね!
春が来て和らいだ、温泉の空気感が伝わってきます。
今後ともよろしくお願いします。

点数: 2

「これしきで都会は大雪注意報」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: これしきで都会は大雪注意報

なおじい様。
いつも丁寧なアドバイスをありがとうございます。なかなか返信できず申し訳ありません。
拙句「昨日の豆」へのコメントありがとうございます。
「昨日の豆で昼ビール」いいですね!
鬼や邪気を祓ったり、年齢の数食べたら福を呼ぶスーパーパワーを持っていた豆が、一夜明けたらビールのお供。(拙句では失礼ながら雀のエサ!)
滑稽でもあり、自然の摂理のようでもあり、これも季節の移り変わりですよね。
さて、御句、大学時代の友人を思い出しました。私はずっと関西在住で、自宅生でしたが、彼女は新潟県燕市出身。
珍しく関西に大雪が降って、大学が休校になった時の名言。
「この辺の人って、雪はスキー場めがけて降ってくるもんだと思ってる」
彼女、元気にしてるかな〜。
 今後ともよろしくお願いします。

点数: 2

「如月や米寿の母の声若き」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: 如月や米寿の母の声若き

ちゃあき様。
いつも佳句を拝読させていただいております。小西と申します。
御句に詠まれたお母様が、私の母と重なり、コメントさせていただきます。
私の母は現在88歳、来月初めに89歳を迎えます。お母様と同様、コーラスが好きで自他ともに認める「若い声」。
しつこいセールス電話や詐欺めいた怪しい電話には、「おばあちゃんに伝えときま〜す」などと孫のふりをして、「声の年齢詐称」で対抗しています。
母には、終戦直後、やむを得ず親族がひな人形を、帰国する米兵に渡し、缶詰めやハムなどの食糧と交換した、つらい思い出があるので、ひな祭りというと、格別な思いがあるようで、率先して人形を飾ったり、娘にプレゼントをくれたりします。
  ひな祭り米寿の母の笑い声
便乗の作句、母に免じてどうかお許し下さい。

点数: 2

「店は名で雛はお顔で選びけり」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: 店は名で雛はお顔で選びけり

なおじい様。
いつも丁寧なアドバイスをありがとうございます。拙句「囃子の笛」にも温かいコメントありがとうございました。
御句へのコメントで、いく様も触れておられましたが、近頃は、おひな様の顔が丸顔とか細面とか、表情も笑顔とか澄まし顔とか細かくオーダーできるらしいですね。
中には、子どもの写真を送ったら、似た顔に作ってくれるお店もあるらしいです。
「お内裏様をこの顔に」と羽生結弦選手の写真を送ってきた人がいたけれど、肖像権の問題で断ったとか。
確かに、羽生選手なら束帯姿も似合いそうですね。
でも、唯一無二、孤高のスケーターには、お雛様は不要かも····。
  お内裏は結弦の顔でシングルで
····あれ、ひな人形って、何でしたっけ?!

愚にもつかぬ話を失礼いたしました。

点数: 2

「泡盛に氷を入れる午後三時」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: 泡盛に氷を入れる午後三時

拙句「豆ごはん」の添削ありがとうございました。この句に限らず、今まで自分が句切れを軽視してきたことに気づき、大変勉強になりました。ありがとうございました。さて、「泡盛」「うりずん」と、沖縄を想起する言葉は、独特の力強さがあって魅力的ですね。

点数: 1

小西晴菜さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

雛祭り囃子の笛をまた探し

回答数 : 6

投稿日時:

煎餅で羽毛に負けぬ夢を見る

回答数 : 5

投稿日時:

立春や昨日の豆へむら雀

回答数 : 6

投稿日時:

寒雀はたちの帯や結びたる

回答数 : 3

投稿日時:

明日ユニバ母に内緒の風邪心地

回答数 : 6

投稿日時:

小西晴菜さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

星澄みてひかりに傾ぐ案山子かな

作者名 たけたけ 回答数 : 3

投稿日時:

栗虫の浮きたる水を捨てにけり

作者名 腹井壮 回答数 : 19

投稿日時:

風薫る窓の向こうを知りたくて

作者名 松崎文哉 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ