俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

泡盛に氷を入れる午後三時

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

どんな飲み方が一番なのか・・・詳しくは存じません
※この「氷」は季語にはなりません

最新の添削

「泡盛に氷を入れる午後三時」の批評

回答者 幸福来々

いい句を書くより、自分が好きな句を書きたいし、映像の少なさとか自分でわかってます。
正直勝負できる句はラジオに投句してるので、ここには「好きだけど、あんまり評価されないなー」って句しか投稿しないです。

ですので、私の句は無視していただいて結構です。

一つ小言を言わせてもらうと、他人の俳句添削するのであれば、句を書くことより句を読むことの勉強の方が大事ですよ。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

炎天の泡盛オンザロックかな

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。
昼間っから泡盛とは素晴らしいですね。

添削では季語炎天を入れましたが、無季句として読んでもいいかと思います。

泡盛の銘柄や個人の好みにもよりますが、たっぷりの氷で徐々に薄めながら飲むのがオススメです。
コーヒー割りを好むオッチャンもいますが、これは好き嫌いかなり別れますね。

点数: 2

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「泡盛に氷を入れる午後三時」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
芍薬の句への添削いただきありがとうございました。なるほど確かに!芍薬が良い香りなのは周知の事実でした。「芍薬のベンチ」で、辺りが芳しいことは伝わりますね。
御句拝読させていただき、氷で割った泡盛の、たぶん琉球硝子のグラスが目に浮かびました。西陽が少し暑いので、ぐぅーと飲みたいかと。私も泡盛は水ではなくて、多めの氷で割って飲むのが好きです。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

「泡盛に氷を入れる午後三時」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんばんは。
拙句「雛罌粟や~」のご批評ありがとうございます。
「女将」の娘は「子供のできなかった」夫婦でした。句もそれを思ってのことです。
御句ですが、難のない、かっこいい句と思いました。
昼酒、美味いっすよね😊

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「泡盛に氷を入れる午後三時」の批評

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

拙句「豆ごはん」の添削ありがとうございました。この句に限らず、今まで自分が句切れを軽視してきたことに気づき、大変勉強になりました。ありがとうございました。さて、「泡盛」「うりずん」と、沖縄を想起する言葉は、独特の力強さがあって魅力的ですね。

点数: 1

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

「泡盛に氷を入れる午後三時」の批評

回答者 青井猫

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。昔のちょっとした出来事も俳句になって読んでいただけて嬉しいです。
泡盛は強いお酒ですよね。今日はもう何もしないぞと明るいうちから酒をキメ込むような感じでしょうか。
もしかしたら他のお酒も三時前から飲んでるかもしれない、なんてことを想像しました。

点数: 1

添削のお礼として、青井猫さんの俳句の感想を書いてください >>

「泡盛に氷を入れる午後三時」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・ありがとうございました。季語の使い方が変だといわれるかと思っていました。
御句・・泡盛・氷・午後三時の三つの措辞で十分夏の季感がでていますので、この場合の氷は季語の働きをしていると思いました。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「泡盛に氷を入れる午後三時」の批評

回答者 幸福来々

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございました。

『午後三時』いいですねー。
午後三時の泡盛は、だいぶお酒が好きなのか、だいぶ嫌なことでもあったのか、沖縄の方なのか、いろいろ想像できますね。

さて、添削ですが『泡盛に氷』とあれば、『入れる』は不要かと。
あと、酒を作るときに、酒を先に入れて氷を入れることは普通ないので、「氷に泡盛」を注ぐじゃないですかね?

余った音数で、この泡盛は飲み始めなのか、何杯目なのか。
一人で飲んでるのか、複数で飲んでるのか。
情報まだ入れれる気がしますー。

点数: 1

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鈴虫やそして夜釣りのウキ静か

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

秋寂し見知らぬ事と目を伏せる

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

夕日に染むる白木蓮のほの赤し

作者名 コウ 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『泡盛に氷を入れる午後三時』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ