俳句添削道場(投句と批評)

野間たえさんの添削最新の投稿順の2ページ目

「泡盛に氷を入れる午後三時」の批評

回答者 野間たえ

添削した俳句: 泡盛に氷を入れる午後三時

イサク様
お恥ずかしい、母はしっかりしていたものてすから、ボケたのかと、しかしメモが書き残して有り、私の方がボケていました。申し訳ございません。これからも、母の事を宜しくお願い致します。

点数: 1

「プチ考察」の批評

回答者 野間たえ

添削した俳句: プチ考察

かぬまっこ様
プチ考察とは俳句なのでしょうか?無知ですみません、それから添削もありがとうございます、かぬまっこ様に言われてハッとしました。昼と夜がごちゃまぜですね、失礼致しました。以後気を付けます、ありがとうございます。

点数: 0

「ろくろ挽くときに桜へ面上げて」の批評

回答者 野間たえ

添削した俳句: ろくろ挽くときに桜へ面上げて

久田様
桜を見て小休止とは宜しいですね、添削もありがとうございます。そうですね、何となくかぬまっこ様も言うように、昼だか夜だか、漠然として紛らわしい句になってしまいました。

点数: 0

「もぐら塚見つけうずらを待ちぼうけ」の批評

回答者 野間たえ

添削した俳句: もぐら塚見つけうずらを待ちぼうけ

イサク様
添削ありがとうございます。励みになります。これからもご指導宜しくお願い致します。

点数: 0

「独り居の薄暑肌着の生乾き」の批評

回答者 野間たえ

添削した俳句: 独り居の薄暑肌着の生乾き

秋沙美 洋様
素敵な句にして頂いてありがとうございます。これからもご指導宜しくお願い致します。

点数: 0

野間たえさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

母の日のガーベラ赤くまだ咲いて

回答数 : 2

投稿日時:

突然に母が消えてた夏の朝

回答数 : 2

投稿日時:

初夏の風水杭止める柳かな

回答数 : 1

投稿日時:

花が揺れ見上げればほら春の星

回答数 : 5

投稿日時:

八重桜白のベンチの真上かな

回答数 : 3

投稿日時:

野間たえさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

民宿の自慢話や夏料理

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 4

投稿日時:

玻璃ごしの母の涙に薄暑光

作者名 おかえさき 回答数 : 18

投稿日時:

ギャラリーのカフェ朱の落ち葉水面へと

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ