俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

独り居の薄暑肌着の生乾き

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

洗濯してくれる人がほしい

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

独り居の男の肌着熟女干す

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

秋沙美さん、おはようございます😉
渡辺接骨院では、なかなか手頃な人がね… 年代を今すこし、なんとか…
御句ですが、「薄暑肌着の生乾き」、調子が良くて好きです。「薄暑」が季語ですね。肌着が、暑いのにまだ洗いたてで湿っぽいということですかね。しからば、ということで変えてみました。季語がなくなりますが…無季語ということで…

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

独り居の薄暑生乾きの肌着

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

季語が初夏に入りましたね。安定のシングル俳句・・・

形としては対比の句なので(少し違いますが)、語順だけ変えてみました。句またがりになりますが・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「独り居の薄暑肌着の生乾き」の批評

回答者

句の評価:
★★★★★

鳥です。佳句に思います。句の内容と季語の気分が良い対比にあるように思います。中七の「は」や「の」、「着」と「き」など各所に散らせてある韻が軽やかで、夏のはじまりの気候の良さと似合います。洗濯物を干す(または取り込む?)奥に初夏の青空も見えてきました。

点数: 0

添削のお礼として、鳥さんの俳句の感想を書いてください >>

「独り居の薄暑肌着の生乾き」の批評

回答者 たいらひろし

句の評価:
★★★★★

新社会人の頃の一人暮らしの寂しさと、仕事の忙しさの中でこなす家事の大変さを思い出しました!俳句添削ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、たいらひろしさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

民族の願い遂げるや冬牡丹

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

日向ぼっこダイヤモンドパールかな

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

投了の決意のしじま添水なる

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『独り居の薄暑肌着の生乾き』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ