俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

もぐら塚見つけうずらを待ちぼうけ

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

うーん難しい季語ですね

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「もぐら塚見つけうずらを待ちぼうけ」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

イサク様
もぐら塚は、春の季語なのですね、いいですね。、のどけきやも春の季語で蝶の昼も季語なのですね、のどけきやが季語とも知らず、うん、今回は良く出来た、等と思いお恥ずかしい限りです💦添削も、ありがとうございます。

点数: 2

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「もぐら塚見つけうずらを待ちぼうけ」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・ありがとうございました。
御句・・もぐら塚季語?、うずら秋の季語?という点は別にしても、私の鑑賞力では、リアル感が希薄な感じがしました。探鳥と考えると「うずら」を待つということはあまりないはずという感じから来ていると思います。間違っていたらごめんなさい。

情景を借りて一句 もぐら塚足跡残し鳥帰る

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「もぐら塚見つけうずらを待ちぼうけ」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

一晩かけて考えに考えたのですが、今も明確な句意が掴めずにいます。

もぐら塚…もぐらが土を掘る時に地上へ押し出された土の事ですね。僕の知る歳時記に「もぐら塚」の記載はありませんでしたが、この単語からは何となく啓蟄に近い雰囲気を感じました。
うずら…鳥のうずらを指しているのだとしたら、秋の季語になりますね。しかし「待ちぼうけ」ているとの事ですので、この句におけるうずらは季語としての力は無いに等しいと見ます。

「もぐら塚見つけ」た春の日頃に居て、何故この詠み手は「うずらを待ちぼうけ」ているのか…ここが謎ですね。
もしかして「もぐら塚」「うずら」以外の第三の季語があるのでは?とまで勘ぐりました。が、さすがにそれは無いですよね?

作者の思いは何なのか、読者に何を感じて欲しいのか、色々と不明瞭な部分が多いです。
万人が分かる俳句が良いとは言いませんが、もう少し親切な作りであっても…と思います。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「もぐら塚見つけうずらを待ちぼうけ」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

イサク様
季語、申し訳ございません💦では待ちぼうけ、が季語でしょうか?待ちぼうけは春の歌なのですかね、いちいちすみません

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「もぐら塚見つけうずらを待ちぼうけ」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
句を読みまして、もぐら塚がある場所で野生のうずらを探していたが、ついに現れなかった光景が映り、わかりやすかったです。
あと、お願いがあります。
最近句を数句投句しました。イサクさんのアドバイスを知りたいのでよろしければコメントをお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

袖無を着てカタールの笛を聞く

作者名 長谷機械児 回答数 : 9

投稿日時:

骨化症杖を頼りにこの秋は

作者名 鉄道員 回答数 : 3

投稿日時:

三角絞めに気絶青唐辛子

作者名 卓鐘 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『もぐら塚見つけうずらを待ちぼうけ』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ