俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ろくろ挽くときに桜へ面上げて

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

窓辺の桜を眺め小休止。

最新の添削

「ろくろ挽くときに桜へ面上げて」の批評

回答者 野間たえ

久田様
桜を見て小休止とは宜しいですね、添削もありがとうございます。そうですね、何となくかぬまっこ様も言うように、昼だか夜だか、漠然として紛らわしい句になってしまいました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、野間たえさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ろくろ挽くときに桜へ面上げて」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今日は(*^^*)

この句は

ろくろ挽く/ときに桜へ面あげて

と読むのでしょうか❔でも、

ろくろ挽くときに/桜へ面あげて

とも読めます。なので

轆轤止め時に見上ぐる桜かな

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

日を浴びて包丁研ぐや初夏の風

作者名 素一 回答数 : 2

投稿日時:

ワープする他の銀河へ春の夜

作者名 宮武桜子 回答数 : 13

投稿日時:

炎天の山下り来る背負籠

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ろくろ挽くときに桜へ面上げて』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ