俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

プチ考察

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

たをやかに磯巾着は補食せり

今朝の東京俳壇特選二席に入った句です。
しかしながら、この句はある選者の所では没句でした。

捨てる神あれば拾う神あり

俳句は絶対ではない。
選者の琴線にふれることができるかどうかで決まるものだと思いました。

最新の添削

「プチ考察」の批評

回答者 イサク

おはようございます。
赤福では食べ歩き巡れないので・・・「伊勢うどん」メジャーじゃないようで残念です(´;ω;`)
・手こね寿司とうどん目当ての伊勢詣

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「プチ考察」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

なっちゃん先生が広げるキャッチャーミット、東京俳壇のエラい先生が広げるキャッチャーミット、

僕が良いと思う俳句、かぬまっこさんが良いと思う俳句、

それらは全て違っていて当たり前です。その人にはその人の「コレイイじゃん」の形がありますからね。
自分が好きと思える俳句を詠み続けて、それが誰かの「コレイイじゃん」と重なれば、それは幸せな事です。

自分の俳句に嘘をついて、賞に選ばれる事だけが目的になりだしたら、きっと俳句の神様からは見放されそうですね。

点数: 2

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「プチ考察」の批評

回答者 根津C太

句の評価:
★★★★★

ある日までは「俳人の言う俳句の価値観ってこういう事かもしれない」とコツコツわかってきたつもりでしたが、
最近は急激によく分からなくなってしまいました。
自分の句はさておき、天地人と佳作の句の違いがよく分からず、対策できません。
という訳で、今は俳句から離れた生活をしています。

点数: 1

添削のお礼として、根津C太さんの俳句の感想を書いてください >>

「プチ考察」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

俳句は比べるものではないと綺麗事を思いながら、天地人並に振り分けられ、天選は一兼題一句のみ。
東京俳壇も比較の結果で優劣つけてますしね。
同じ選者に同じ句を投句して一度目は落選、二度目は入選などというまことしやかな話も聞きますし。
そこが文芸というものなのでしょう。

四月から生活は三句制限。
ポストも募集は月一回となり、「中級者は三句に絞ってみましょう」とやんわりと指示した記事が掲出されました。
これまでの選者の労(二週で一万句とか)を鑑みればしかたないとはいえ、せっかく広がってきた裾野のハードルが上がってしまったことを危惧してもみます。

ところで掲題の句は没句などではなく、並選とはいえ選ですよね?

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「プチ考察」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

かぬまっこ様

助詞の差に気づかず、目が節穴で失礼しました。

とはいえポスト・生活の選句の掲載は、
同一人物の句のうち、「人選」「並選」に匹敵する句のうち一句(人選の場合最大二句(例外アリ))を適当に(おそらく後で投句した句が優先されて)掲載される、という形式でした。
個人の掲載数制限がある以上、必ずしも未掲載=選外(没)、というわけではありませんよね?それはただの未掲載です。

サイトに掲載された句が自分の投句のうちの最高点、と思ってしまうと、勘が狂う原因になりそうですので、私は気を付けておりましたが・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「プチ考察」の批評

回答者 野間たえ

句の評価:
★★★★★

かぬまっこ様
プチ考察とは俳句なのでしょうか?無知ですみません、それから添削もありがとうございます、かぬまっこ様に言われてハッとしました。昼と夜がごちゃまぜですね、失礼致しました。以後気を付けます、ありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、野間たえさんの俳句の感想を書いてください >>

「プチ考察」の批評

回答者 ダック

句の評価:
★★★★★

かぬまっ子様 
俳句の良しあしを言えるレベルではありませんのでコメントはひかえますが、あちこちで掲載される句を作っておられるのであまり気にしないで良いのではないですか。私としてはかぬまっ子様の句は参考になります。
俳句ポストの評価変更ですが、初心者に引っかからない場合は・・・・
初心者以下というのは自分的には結構おちこみます。せめて20級とかレベル設定してもらった方が納得できそうですが。 余計な愚痴となりましたが言うところもないので書いてしまいました すみません。
話変わりますが、何でもかんでも載せて頂ける当サイトには感謝しております。

点数: 0

添削のお礼として、ダックさんの俳句の感想を書いてください >>

「プチ考察」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

かぬまっこさま

「比良八荒」の句の件です。感覚的に作ったのではっきり理由を言えませんが、終止形「白し」を避けた記憶はあります。

「水は裏返って白い」という言い切りではなく、「裏返って白い(水)」という体言止め(の省略形)にしたかったのでしょうかね?
作句・投句した時の自分の感覚でしかない、としか言えませんが・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

薄着の俺に父が差し出す雨合羽

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

玄関を開けて秋蚊の迫りけり

作者名 三男 回答数 : 2

投稿日時:

このままで子供でいたい祈る秋

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『プチ考察』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ