俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削得点の高い順の1367ページ目

「能登輪島御陣乗太鼓野盗虫」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 能登輪島御陣乗太鼓野盗虫

おはようございます。

取り合わせの意味がよくわかりませんでした。

下五季語が夜行性のいわゆる害虫、しかも名前もあまり良くない「夜盗」を含む季語。それを敢えて「御陣乗太鼓」に取り合わせる意味とは・・・?
「御陣乗太鼓」はあまり良くないもの、というイメージになりそうですが・・

「御陣乗太鼓」は「ヨトウムシのようなものだ」というイメージで伝えたいならこのままでいいですが、違いますよね・・?

点数: 0

「陽炎や往く道先は揺らぎをり」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 陽炎や往く道先は揺らぎをり

おはようございます。

この内容でしたら上五の助詞は切らない方がよさそうですね。
「陽炎に往く道先は揺らぎをり」

それでも、「陽炎」という現象の説明に終始してしまっていると思います。

点数: 0

「雲霞あり峰々高く荒ぶれる」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 雲霞あり峰々高く荒ぶれる

こんばんは。コメントを残すのは「鯉」の句に続いて二句目です。

風景を出そうという努力は伝わります。
中七下五は「山」の様子を詠んでいるならばこのままでも良いかと思います。

上五が難しいですね・・
山にかかる雲を「雲霞」と言って「霞」のような季語としてしまっていいのかどうか・・一般的にはしません(雨雲は雨雲です)し、この句そのものも春の風景として詠まれていない気がします。むしろ夏っぽい句ですね。

なので「雲と山」の組み合わせで夏の句で詠んでしまった方がいいような・・というイメージを受け取りました。

・夏雲や峰々高く荒ぶれる

点数: 0

「さかしまに密吸ふ蜂や南瓜花」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: さかしまに密吸ふ蜂や南瓜花

こんばんは。

◆五音の場合「花南瓜」とするのが一般的ですかね。「花」が先。
◆「蜂」「蜜蜂」も季語で季重なりですね。無意識ならばご注意です。
 中七詠嘆の「や」があり、「蜂」を詠嘆してしまっているので、この句では主役の季語がどちらかわかりづらくなっています。
 本気で「蜂と南瓜の花」を両方描きたいなら仕方ないですが、この句は「蜂」が本来の映像の主役になっているような・・なので中途半端に「南瓜の花」を出すよりも、蜂を主役にした方がよさそうに見えます。

・さかしまに密吸ふ蜂や朝の庭

点数: 0

「蝸牛そこは危険と指を差し」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 蝸牛そこは危険と指を差し

こんばんは。

句の形が、蝸牛がどこかを指さしているような形になっているかと思います。コメントなしでは意味がわかりませんでした。

作者が指を差しているのですね。ややわかりづらいかと思います。

また、「危険と指さす」だけで「あとは何もしない」のも気になりますので、「危険と指を差す」のはやめましょう。「危ない」という描写だけして、句の受け手に「危ない」と思ってもらうのが第一だと思います。

車道では危険すぎるので、歩道にしておきましょうか。

・歩道に出でて危なきことよ蝸牛

点数: 0

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 4

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

キャンバスに月下に突き刺す一本杉

作者名 黒徹 回答数 : 4

投稿日時:

テキストとテニスラケット夏の朝

作者名 黒猫 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

新聞を睨みぶつぶつ蓮根掘る

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ