俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雲霞あり峰々高く荒ぶれる

作者 出水美代  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雨の中車でドライブ中向こうの山の方では雨が上がろうとしているのか山々が雲が霞の間から突き出ているさまを俳句にしました

最新の添削

「雲霞あり峰々高く荒ぶれる」の批評

回答者 イサク

こんばんは。コメントを残すのは「鯉」の句に続いて二句目です。

風景を出そうという努力は伝わります。
中七下五は「山」の様子を詠んでいるならばこのままでも良いかと思います。

上五が難しいですね・・
山にかかる雲を「雲霞」と言って「霞」のような季語としてしまっていいのかどうか・・一般的にはしません(雨雲は雨雲です)し、この句そのものも春の風景として詠まれていない気がします。むしろ夏っぽい句ですね。

なので「雲と山」の組み合わせで夏の句で詠んでしまった方がいいような・・というイメージを受け取りました。

・夏雲や峰々高く荒ぶれる

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ルンルンでスキップ軽く春の人

作者名 森本可南 回答数 : 1

投稿日時:

バギーから飛び出す足や青葉風

作者名 かこ 回答数 : 3

投稿日時:

竿おろしかかりしものはうららかな時

作者名 土屋 羊子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雲霞あり峰々高く荒ぶれる』 作者: 出水美代
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ