俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削最新の投稿順の1361ページ目

鷹柱風の衣を纏いけり

回答者 イサク

添削した俳句: 鷹柱風の怒りを捉へけり

こんばんは。

コートの句の添削ありがとうございました。あの句も少し言葉選びが足りなかったと認識しております・・・

御句を理解するために「鷹柱」の映像を見てしまいました。「風の怒り」とはイメージが違うように感じました。鷹に対して攻撃的には見えなかったような・・・ということで、添削などというわけではなく、感性の違いによる再編としてみました。いかがでしょうか?

点数: 1

冬林檎残る歯形も孫恋し

回答者 イサク

添削した俳句: 冬林檎孫が嚙じるといと恋し

こんばんは。

すんなり入ってくる句でした。ちょっと捻ってみましたが明後日の方向へ捻りすぎたかもしれません。

点数: 1

吾子の瞳に吸ひ込まれけるオリオン座

回答者 イサク

添削した俳句: 吾子の瞳に吸い込まれそうなオリオン座

はじめまして。

綺麗に詠めている句です。「オリオン座」の季語で素直に冬の夜が表されていて、風景や情景も出ています。
「瞳に吸い込まれそうな」がオリオン座のようであって実は「自分(詠み手)」が吸い込まれそう、という両方の意味に取れるところがいいですね。
中が八音になっているところを七音に直す工夫をしてみてもよいと思います。「吾子」と始めるならば旧仮名使いの方がバランスはいいかもしれません。他に過不足はないようです。綺麗な句です。

点数: 1

初恋は胸を離れぬ浅い夢

回答者 イサク

添削した俳句: 浅い夢胸を離れず残る君

はじめまして。

厳しめということで。
「残る君」が歌詞にないオリジナルの語であるにもかかわらず、「胸を離れず」と似た意味の繰り返しです。わざわざオリジナリティーを出そうとして、なぜそうなるのかと。歌詞から引用するならば
・浅い夢胸を離れず探してた
・浅い夢胸を離れずふりこ細工
といろいろ方法はあると思いますが、ぴちぴち翁様の「共感・印象に残った詞」が他にわからないので、最終添削はご自身でお願いします

点数: 0

ペン置きホットコーヒーにナポレオン

回答者 イサク

添削した俳句: ボールペンホットコーヒーナポレオン

こんばんは。

相当な無茶をしているのは自覚して狙ってのことでしょうからさておきます。ナポレオンはブランデーのことと思いましたが他の意図もあるようなので外せませんでした。

点数: 0

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 34

投稿日時:

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 4

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 44

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

廃校のベンチの骨に降る銀杏

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 6

投稿日時:

鞦韆に乗る子の一人二人増え

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

コントラバス奏づは我ぞ震災忌

作者名 江川咲輝 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ