俳句添削道場(投句と批評)

利尻さんの添削得点の高い順の2ページ目

はや三度花見防人ペグしかと

回答者 利尻

添削した俳句: ペグ強く打つ三度目の花見かな

酔いどれ防人様
おしゃれな句と感じました。
環境整備の状況からもグループの背景が垣間見られるのが花見の楽しさですよね。
ペグ等を持ち込むに至っては、かなりの伝統と組織を背負ってのミッションと見ました。
ただ昨今は、伝統の継承、後継者の育成が課題であると聞きます。
さて四度目は...

点数: 2

売店へのお遍路逆打ち夫の元

回答者 利尻

添削した俳句: 病院の廊下は迷路夜の蜘蛛

白井様
お大事になさってください。
昔「夫」と書いて「つま」と読むことを母の句で知りました。

鱈ちりに葱放つ頃夫帰る

という句でした。

点数: 2

初蝶のふとあらはれて消えにけり

回答者 利尻

添削した俳句: 初蝶の不意にあらはれ消えにけり

かぬまっこ様
いい句です。好きです。
福をキープしちゃう感じもいんでないですか?

初蝶のふとあらはれて陽の方へ
初蝶のふとあらはれて小手招き

点数: 2

脚あらば難儀もあらむ蝸牛

回答者 利尻

添削した俳句: 足摩り逡巡するや蝸牛

白井様

 脚と蝸牛の組み合わせいいですね。

点数: 2

知らぬ間に口すぼませて野水仙

回答者 利尻

添削した俳句: 接吻をせがんでいるよ野水仙

すばらしいですね。
野水仙の真ん中の黄色が浮かびますね。
男目線でもひとつ

野水仙拗ねていないでさあおいで

点数: 2

利尻さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

六曲一双バラック並べ杜若

回答数 : 4

投稿日時:

紅き傘借りて春雨朝ぼらけ

回答数 : 4

投稿日時:

カブトムシ今夜はいるよ水銀灯

回答数 : 3

投稿日時:

あの凧のしなりて弟有頂天

回答数 : 4

投稿日時:

指で狩り雲に虚ろふ桜かな

回答数 : 11

投稿日時:

利尻さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

夏休み工場跡に秘密基地

作者名 きむらゆい 回答数 : 6

投稿日時:

娘育ちたりアスファルトの向日葵のごと

作者名 聖雅 回答数 : 4

投稿日時:

石畳風のそよ吹く薄暑かな

作者名 博充 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ