俳句添削道場(投句と批評)

負乗さんの添削得点の高い順の2ページ目

「押入れの基地を包みし虫しぐれ」の批評

回答者 負乗

添削した俳句: 押入れの基地を包みし虫しぐれ

慈雨様、初めまして。

コメントを読むと、面白い光景だなと思いました。可愛らしいですね😉 季語の「虫しぐれ」とも響き合っていますね。
難があるとすれば、やはり、「包みし」ですかね… 要らないと思いました。
「押入れの子どもの基地や虫しぐれ」
で良いかなと…

また宜しくお願いします。

点数: 4

「丸っこいあを書く人と花野かな」の批評

回答者 負乗

添削した俳句: 丸っこいあを書く人と花野かな

感じ様、こんばんは。

秋の季語「花野」、検索してみると、

「秋の草花が咲き乱れる野原のこと。 春の華やぐ野とは違い、秋風に吹かれる花々には哀れをさそう趣がある。 」

御句、「丸っこいあを書く人」…は穏和で優しい人、むしろ"春の野"が似合う人ではないですかね…
秋の「花野」は、だいぶ"詫び錆び"のある光景ではないですかね。
"角ばったあを書く人"、とかの方が、ふさわしく思えました。
「花野」には、ふわふわした春の野にはない、粛然の気があると思えますから…。
角ばった「あ」とは、どんなだ、と言われそうですので、ここは、
「角ばった字を書く人と花野かな」
とかで、良いかと…あるいは、
「角ばった字を書く人と花野ゆく」
とか。

宜しくお願いします。

点数: 4

「北の地に木の芽は今日もふくらみて」の批評

回答者 負乗

添削した俳句: 北の地に木の芽は今日もふくらみて

イサクさん、こんばんは😊
私の感覚ですが、この下五の用言止めというのが、どうも嫌いで、やはり他の方へのコメントにも書きましたが、それで、どした…と突っ込みを入れたくなります。
まあ、この句は何か、想像がふくらむ感じもしますが、どうですかね…
「北の地に木の芽は今日もふくらみぬ」
で、良くないですか…?

また宜しくお願いします。

点数: 3

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 負乗

添削した俳句: 弁当とシート携へ蝶の野へ

イサクさん、こんにちは😊
お世話になります。

私も蝶野さんを思いました。人物の顔が思い浮かぶと、句にダメージがあるような…ないような…
「シート」が詩的でないと思います。あの青を思うと、げんなりします(笑) ''茣蓙''にしましょう!(笑)
「弁当と茣蓙を携へ蝶の野へ」

私の趣味を押し付けてすいません😅
また宜しく御願いします。

点数: 3

「滝浴びて悟れ己れに足らぬこと」の批評

回答者 負乗

添削した俳句: 滝浴びて悟れ己れに足らぬこと

なおじいさん、こんばんは☺️
人生哲学の違い…(笑)からか、私には別の措辞が浮かびました😁

滝浴びて悟る己れ足らぬものなし

如何でしょう…(笑)

また宜しくお願いします。

点数: 3

負乗さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

夏休みの課題つくつくぼうしかな

回答数 : 5

投稿日時:

民族の脱出のごと富士登山

回答数 : 7

投稿日時:

去年日傘しばらく雨に濡らしけり

回答数 : 7

投稿日時:

いきなりに浄蓮の滝轟けり

回答数 : 5

投稿日時:

若竹の美味しさうなるしなりやう

回答数 : 12

投稿日時:

負乗さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

緑馬走ってるよう見える木々

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

春霞ぽつと月浮く西の原

作者名 吉田一音 回答数 : 6

投稿日時:

純白の花の咲きて山茶花冷え

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ