俳句添削道場(投句と批評)

季詠さんの添削最新の投稿順の5ページ目

「藤井棋聖二冠の速報大暑かな」の批評

回答者 季詠

添削した俳句: 藤井棋聖二冠の速報大暑かな

こんばんは😌
浴槽の句にコメントを下さり、ありがとうございました。
少しでも誰かを笑顔にできたのなら、良かったです。

なんでも俳句に出来てしまうのですね! 不思議と「大暑かな」の季語も、世間の熱狂と興奮を孕んだポジティブなイメージで受け取れました。

藤井棋聖もすごいですが、かこ。様もすごい。
勉強いたします。

点数: 1

「食べ頃の西瓜を探す叩く音」の批評

回答者 季詠

添削した俳句: 食べ頃の西瓜を探す叩く音

こんばんは😌

大きな西瓜を見かけるとついつい叩きたくなってしまいますよね。私も叩く音で一句読もうとしたのですが、難しくて挫折しました💦

御句、観たままを率直に句にされていてすごいな、と思いました。私も見習いたいです。「探す」は「探し」の方が良い気がするのですが、どうなのでしょうか? 少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 2

「コロナとふ鏡に写す夏休み」の批評

回答者 季詠

添削した俳句: コロナとふ鏡に写す夏休み

こんばんは😌
すいかの句にコメントを下さり、ありがとうございました。
「かじりつく」よりも「かぶりつく」の方が、幼さを感じられるのと、語感がやわらかくなった気がします! 嬉しいです。

御句、すごく考えさせられますね💦今年の夏休みは確かに、日常とはなんぞや、ということを深く考えさせられる毎日でした。コロナが終息するか否かは別にして、多分、来年の夏休みも御句を思い出して、自問自答をすることになりそうです。

点数: 1

「太陽の詰まるトマトの丸かじり」の批評

回答者 季詠

添削した俳句: 太陽の詰まるトマトの丸かじり

こんばんは。はじめまして😌
すいかの句にコメントを下さり、ありがとうございました。
細かい意図を丁寧に汲み取っていただいて、とても嬉しいです!
助詞の「は」を「を」に替えただけで、こんなにも臨場感が変わってくるのかと驚きました。今後もしっかり煮詰めていきたい、助詞の扱いorz

御句、口の中に広がるジューシーな味とお日様の匂いまで感じられるような、生き生きとした句だと思いました。御句も「トマトの」より「トマトを」の方が、より臨場感が出るような気がしました。素人考えなので、お役に立つかわかりませんが、少しでもご参考になれば幸いです💦

点数: 1

「夕立や異世界行きのバスを待つ」の批評

回答者 季詠

添削した俳句: 夕立や異世界行きのバスを待つ

こんばんは😌
トマトの句にコメントを下さり、ありがとうございました。

お褒めの言葉をいただき、嬉しい限りです。
トマトの湯剥きは、私も一回チャレンジしてみましたが、不器用すぎてダメでした💦

御句、すごくよくわかります! 豪雨の中のバス停に居ると世界から取り残されたような気持ちになりますよね。かこ。様の句は、日常と非日常の境目が曖昧で、拝読しているとワクワクしてきます。次の句も楽しみにしています😊

点数: 1

季詠さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

秋天に缶蹴り上ぐる子らの声

回答数 : 4

投稿日時:

掛け初めの眼鏡と灯火親しめり

回答数 : 3

投稿日時:

天の川思い思われふりふられ

回答数 : 3

投稿日時:

焦熱に脂垂らし堪ふる秋刀魚

回答数 : 2

投稿日時:

狂奔の鼠花火の父襲ふ

回答数 : 3

投稿日時:

季詠さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

玄関を入りて寒さを口にする

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

蟻の列地球へ伸びる導火線

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 8

投稿日時:

桜散る宴の後の寂しさよ

作者名 東野 宗孝 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ