俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋天に缶蹴り上ぐる子らの声

作者 季詠  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供の頃は、よく缶蹴りをして遊んでいました。今は代わりに「ポコペン」という遊びが流行っているらしいですね。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「秋天に缶蹴り上ぐる子らの声」の批評

回答者 南風の記憶

 季詠様、早速のご返信ありがとうございます。
 動詞「教はる」「習う」について、私はなぜ「習う」を選んだかを説明しただけで、季詠様が間違っていると言ったつもりはありません。また間違っていたとしても、謝る必要はありません。
 お互いに立場は対等ですし、言いたいことは言って、互いに学びを得られたら、それで良いと思います。他の方は分かりませんが、私はそのスタンスですので、気になさらないで下さい。
 

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋天に缶蹴り上ぐる子らの声」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

季詠さま
宜しくお願いします。小気味のいい句ですね。映像もしっかり浮かびます。添削ではありませんが、個人的には、上五の助詞は「へ」のほうが、缶が高く上がる様子が描写できるのでは、、、と思いましたが、、、。

点数: 2

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋天に缶蹴り上ぐる子らの声」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
下手な秋刀魚の句に励ましのお言葉ありがとうございました。
御句ですが何度か声に出して読んでみました。缶蹴り上ぐるが主体ですね。そこを上手く表現出来ませんでした。意に沿わない句になりました。「缶蹴りの子らの雄叫び秋の空」失礼いたしました。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

秋天へ缶蹴りの子の腿清し

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

季詠様、拙句へのコメントありがとうございました。「習った」か「教はり」かは、折り鶴を教えてくれた人物との関係性で決まると思います。私は”教はる”だと、目上の人のような気がして、より気楽な”習う”を選択しました。

さて御句ですが、情景はよく伝わってきます。ただ、缶を”蹴り上げる”というのと、子らの”声”というのは、省いて良いように思います。省いた音数で、もっと描写できそうです。いかがでしょうか。

例)秋天へ缶蹴りの子の腿清(すが)し

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

実南天ちょっとお義理の会釈する

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

年賀状形に差し出し空の人

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

カマキリと対峙したるや我があり

作者名 岸本義仁 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋天に缶蹴り上ぐる子らの声』 作者: 季詠
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ