俳句添削道場(投句と批評)

三男さんの添削最新の投稿順の3ページ目

「紅猿鳥まどろむ猫の鼻の先」の批評

回答者 三男

添削した俳句: 紅猿鳥まどろむ猫の鼻の先

鳥越暁さま こんにちは
さっそくですが、掲句にありますとおり"まどろむ猫"は街中でよく見かけます。
商店街の軒下、住宅敷地や駐車中の車の下になどにいて、人が近づこうがあの顔です。
綱に引かれた飼い犬が過ぎっても、よほど眠いのか動じない時も。
我が住まいの前に広がる植込みというか雑木に野鳥が毎日来ますが、甲高い鳴き声が聞こえると大概野良猫が近くにいて、警戒しているのが分かりました。
隣りのお宅は猫とインコを飼っていて、猫が近づこうがもうお構いなしのようなので、作品の場面は理解いたします。
拙句にご感想をありがとうございました。工夫を凝らさなければならない途上で、学ぶことばかりです。
失礼いたします。

点数: 1

「山栗の色艶良きを食みにけり」の批評

回答者 三男

添削した俳句: 山栗の色艶良きを食みにけり

素一さま こんばんは
栗と言えば同じような体験を何度もしていて、うまかった味と渋かった懐かしい味が交互に口の中へ広がりました。
純情だった頃の記憶、この俳句添削道場で共感を覚える作品に出会うと、なぜか変わりようのない人生観を覚えるのです。体験し記憶の失せない住環境と現在の年齢が背景にあるのでしょうか。
個人的にはいつか辿り着く人生の楽園が、お目にかかる機会がない方々とも共有しているように思えました。
出会いがあれば別れがある一期一会。俳句はこの今を未来の記憶に甦らせる空間のようで、言葉少なに語り合える人との時間は有意義です。
それから秋の空にご感想をありがとうございました。視界からやがて消える翼ですから、その瞬間までをどこまでもではない果までに込めていました。
ごめんください。

点数: 1

「稲穂垂れ龍淵潜む黄金かな」の批評

回答者 三男

添削した俳句: 稲穂垂れ龍淵潜む黄金かな

染谷翔さま 改めておじゃまいたします。
キーボードの誤操作で、龍が鬼になっていたのに気づきました。
正しくは
龍淵に潜みて藁の堆し
です。
お詫びと訂正を申しあげます。
失礼いたしました。

点数: 0

「稲穂垂れ龍淵潜む黄金かな」の批評

回答者 三男

添削した俳句: 稲穂垂れ龍淵潜む黄金かな

染谷翔さま こんにちは
初めてごあいさつを申しあげます。
掲句の季語"龍淵に潜む"は、比喩なしの豊作に焦点を当てていらっしゃるようですから、場面は刈り取り前後に絞られるでしょうか。
鬼淵に潜みて藁の堆し
同じ様子を検討するため、別人は刈り取り後を詠んでみた、その程度にお受け止めいただければ幸いです。
堆くなるのは収穫量が多いからであり、藁塚(藁こづみ、藁にお)などにするため集めた仮置きです。

点数: 0

「身ほとりに墨の香の立つ夜長かな」の批評

回答者 三男

添削した俳句: 身ほとりに墨の香の立つ夜長かな

久田しげき様 こんにちは
静寂に包まれると感覚がより鋭敏になり、香の立つ夜長に集中と柔ぎの時間を感じました。
日々充実した生活のご様子で何よりと存じあげます。
昨日は蘇州に短い時間行って来ました。昼食は高速道サービスエリアの食堂で済ませましたが、おかずにご飯を載せたトレーをレジ台に置くと瞬時に合計金額を表示するのです。徹底した効率営業がこんな所まで浸透したかと感心しましたが、技術革新の成果が社会に普及しつつあるようです。
実はこの食堂の計算方式、日本では社内食堂サービスを手がける大手G社が早くから導入しており、私も利用していました。支払いは社員証か交通系カードを翳すと完了ですから、一回で七百人は収容出来る社員食堂を、社食スタッフは少ない人員でよくぞ切り盛りしていました。
話がいつも逸れてしまいますが、秋の虫にご添削いただき滑らかな表現になりました。ありがとうございました。
失礼いたします。

点数: 0

三男さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

萱草の不意に咲く花美しき

回答数 : 3

投稿日時:

群雲の煙に隠れし登山道

回答数 : 7

投稿日時:

雨夜の月団欒然れど変わりなき

回答数 : 3

投稿日時:

名月やともしび部屋の窓飾る

回答数 : 2

投稿日時:

飼い犬か遠吠え響く夜の秋

回答数 : 3

投稿日時:

三男さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

初見えの秋刀魚は細くおしとやか

作者名 岸本義仁 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

シウマイ弁当に一片の杏子

作者名 いくたドロップ 回答数 : 2

投稿日時:

プールにて海難の女子彼疎遠

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ