俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雨夜の月団欒然れど変わりなき

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

十五夜は満月に変わりなく、親しい者たちが集い賑わう所もあるのでしょう。
団欒の二通りの解釈を今一度考えたものです。

最新の添削

「雨夜の月団欒然れど変わりなき」の批評

回答者 久田しげき

事情はよく解りませんが俳句の分野のメモを送ります。
俳句は伝達や再現するためのものではなく、その句によって初めて何かが生まれる行為で、いうなれば創作として俳句を作るのです。その創作のために詠む人は苦戦しています。
最近、気づいたこと。中国人は五行説にせよ周易にせよ、暦の註である二十四節気でも、七十二候でも、五節句にしても整然と理論を立てて作られていますが。日本の雑節は法則性に欠けます。

駄句 中山陵のぼるに秋思佇むも

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雨夜の月団欒然れど変わりなき」の批評

回答者 久田しげき

句の評価:
★★★★★
★★

国慶節はいかがですか。平穏が何よりです。
俳句は伝達や再現するためのものではなく、その句によって初めて何かが生まれる行為で、いうなれば創作として俳句を作るのです。その創作のために私どもは苦闘しています。
先の尾畠さんは行方不明の子を見つけ、奉仕がモットーで元気なことで有名です。

点数: 1

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

「雨夜の月団欒然れど変わりなき」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

三男様
この句の意味があまり理解出来ません💦本当にごめんなさい🙏💦もしできましたら、意味を教えて頂けませんか?

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ムーミンのやうに冬眠してゐたい

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

秋晴れの陸に置かれて廃れ船

作者名 大浦美津子 回答数 : 1

投稿日時:

百日紅父のよこ顔重なりて

作者名 くまた 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雨夜の月団欒然れど変わりなき』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ