俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

群雲の煙に隠れし登山道

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは
登頂を目指す途中、雲海を見上げたり深い霧に包まれた体験が何度かあるので、本日のお題は好都合でした。
よろしくお願いします。

最新の添削

登山道隠す群雲背に纏ひ

回答者 戸部紅屑

三男さん、初めまして。
群雲に覆われた登山道の情景が鮮やかに目に浮かぶ句ですね。ただ、最後「登山道」で読み手の視線が足元に下がった形で終わって、主役の季語「群雲」への言葉の重心が少し軽い感じがしたので語順を変えてみました。
あと、作者自身と登山道との距離感が気になったのですが、私は作者自身が登山道を歩いていて、自らの体も群雲の中に入っていこうかという情景を想像しまして、それで「背に纏ひ」としてみたのですが、如何でしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、戸部紅屑さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「群雲の煙に隠れし登山道」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

三男さま
よろしお願いします。句意がしっかり表現されていると存じます。読者も映像しやすいと思います。読者にしっかり伝えたいがために、「中七」がいささか説明的に感じました。また、「雲=煙=隠れる」、、、類想感もあります。同じことですが、中七の表現をかえて参考句を捻りました。「群雲や見えて隠るる登山道」少しでも参考になれば幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「群雲の煙に隠れし登山道」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

三男さま
よろしくお願いいたします。

「夏霧の登山道」ですね!
季語を「夏霧」「夏の霧」として、映像を足しては如何でしょうか。
どんな人達が、どんな服装で、どんな目的で、どこを目指しているのか、、、。

実体験で詠まれた句ですので、しっかり思い出してみてください。
推敲句を楽しみにしております。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「群雲の煙に隠れし登山道」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

新しい日常X俳句   はNHKの番組名です。紛らわしい事をしてごめんなさい。一年ほど前、ここによく投稿されていた方の名前をテレビで見て嬉しくなってしまったので、書いてしまいました。😅

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

群雲や霧に隠るる登山道

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

あくまで基本ですが、俳句は一人称現在です。
現在形の方が臨場感を出し易いからだと思います。過去にあった事でもわざと現在形にする事が多いです。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

サンドイッチにちょいと二月を挟みけり

作者名 いなだはまち 回答数 : 3

投稿日時:

あやふやな明日を待つや遠蛙

作者名 みそまめ 回答数 : 12

投稿日時:

鼻緒あと爪先白き残暑かな

作者名 はんにゃ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『群雲の煙に隠れし登山道』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ