小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』

▼おすすめ小説!

幻想砂漠(仮題)

スレ主 柊木なお 投稿日時:

創作相談掲示板のほうにも投稿させていただきました、仮想現実を舞台にした話です。

ストーリーを語らずに見せる、スピード感のある文体を模索しています。
描写の過不足や場面の組み立てなどについて、ご意見をいただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

プロローグ

「腕の良い運び屋を探してるんだけど」
入ってくるなり、少女はそう言った。
最低限の調度しかない、整然としたオフィス。
クラウは椅子から立とうともせず、少女を横目でちらりと見たきり、手元の端末に視線を戻す。
「こっちが探してるのは依頼人だ。迷子じゃなくてな」
スクリーンの起動音。
クラウが顔を上げると、少女は無言のまま、目の前にバンクの残高証明を展開してみせる。
天文学的数字。
ため息をついて、端末をデスクに投げ出す。面倒くさそうに少女を眺める。
「で?」
スクリーンが消える。
「セイクルスまで。期限は明後日の12時」
クラウは鼻で笑う。
背後にある大きな窓を振り返る。
窓の向こうには、砂が渦巻くばかりの荒野が広がっている。
「知らないみたいだから教えてやる。〈レーヴ〉で未開発地帯を横切ろうとするのはな、白血球にアカウントをBANされたい自殺志願者だけだ。……ああ、別に授業料はいらないぞ。ただの常識だからな」
少女はうなずいた。
「つまり、あなたには無理ってことね。ありがとう。他を当たるわ」
クラウの口元が引きつる。
ややあって、大人の笑みを浮かべる。
「もうひとつ教えてやるよ。俺たちみたいな小悪党を相手にする時は、言葉に気をつけたほうがいい」
少女もまた笑みを返す。
「お互いにね」
ログアウト。
少女の姿がかき消える。仮想空間から現実世界へと。
クラウは少女がいた場所を見つめながら、
「エル」
応えるように、一匹の黒猫がデスクの上に現れる。
楽しげに尻尾をひと振り。若い女の声で言う。
「ずいぶん面白い子に絡まれたね。相手する気がないなら、最初から入れなきゃ良かったのに」
「許可してない。勝手に入ってきた」
「あらら」
そう言いながら、エルはデスクから飛び降りる。
塵ひとつない床を行ったり来たりしながら、
「いまログ見たけど、ダミーアカウントですらないみたいね。この短時間で痕跡を完ぺきに消すなんて、そんなことできるのかな? もしかすると……最初から実在してなかったりして」
デスクにスクリーンを展開する。
めちゃくちゃなスピードでコンソールを叩く。
「馬鹿馬鹿しい。脳みそのない幽霊が〈レーヴ〉にアクセスできるかよ」
言いながら、滝のように流れる文字を目で追う。
少女との先程のやり取りが、0と1に分解されて再現される。
エルが肘掛けに飛び乗ってきて、一緒になってスクリーンを見つめた。
やがて、ぴたりと手を止める。
憎々しげに舌打ちし、
「そんなこったろうと思った」
どれどれ、という感じでエルが覗き込む。
素人はもちろん、一流のプロですら見落としそうなほど巧妙なやり方で、オフィスとはまったく別の座標が仕込まれている。
「ここが次の面接会場ってわけだ」
エルがクラウを見上げる。目が笑っている。
「で、行くの? 行かないの?」
クラウは座標をダウンロードし、スクリーンを消去する。
目を閉じ、ひとつ息を吐いて、
「ちょっくらおめかししないとな」
エルは首をかしげ、
「あら意外。やっとお金の大切さがわかった?」
「お前と一緒にすんなよ」
そう言って、乱暴にコンソールを押しのけて立ち上がる。
窓の外に広がる荒野を一瞥する。
エルのほうに向き直り、余裕ぶった笑みを浮かべて言う。
「俺はな、ああいうクソガキが大嫌いなんだ」
ログアウト。

スレッド: 幻想砂漠(仮題)

返信する!
コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「幻想砂漠(仮題)」の返信一覧

他の相談依頼

このツールの詳細、知ってる人いますか?

投稿者 冬弥 返信数 : 2

投稿日時:

ツイッターを見てたらこんなツイートが! 【お知らせ】小説家専用の執筆ツール「Nola」がついに完成しました! 原稿の執筆やプ... 続きを読む >>

▼おすすめ小説!

不明

投稿者 飴井凛 返信数 : 0

投稿日時:

運動、勉強、イラスト、工作… ほぼほぼなんでも出来てしまう主人公「アキ」。アキは完璧に疲れて夏、自殺を図る。視界は暗転し、眠ってい... 続きを読む >>

寿国演技 庶民出お転婆皇后と、天空聖地と、雲表列車

投稿者 ドラコン 返信数 : 3

投稿日時:

 完成させられる見込みが全くない作品を投稿しても良いものかとの疑問はあります。ですが、ブログ記事でお伺いしたところ、管理人のうっぴー... 続きを読む >>

小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ