小説のプロット相談掲示板

屍使いのままならない日々

スレ主 みず 投稿日時:

目的:趣味で書く

要望:おもしろいか教えて下さい!

カテゴリー:ラノベ(中高生向け)

あらすじ

主人公 ザザ
ヒロイン ルシエラ
仲間 ハンス
敵 ガイル

○一幕 

(冒頭。竜との激戦。そのクライマックス部分)
 邪竜狩りから帰還。ザザ一行は英雄として迎えられる。
 ザザは周りから愛想が悪いとか付き合いが悪い、何を考えているかわからなくて不気味などと思われているが、当の本人は魂の格が上がったことで満足しているため気にしていない。

 そんなある日、パーティーリーダーのハンスが個人的な頼み事として保護された少女の護衛を持ちかけてくる。
 ハンスとは共に暗殺者をしていた頃からの仲であり、さらに依頼以外でも善行を積むと魂の格が上がるのか知りたい。
 次の仕事現場へ行くまで道中を共にすると言われ、ザザはこれを承諾する。

 そして、ルシエラと出会う。

 複眼や翅など蟲族の特徴を持つ少女を見てザザは恐怖する。早口でペラペラ喋り、へへへ、と愛想笑い。普段のザザを知る仲間たちは「うわっ、気持ちわるっ!」となるがルシエラはなぜか好意を寄せる。
 ザザはハンスを裏に引っ張り、抗議するも奮闘むなしくルシエラを護衛することになる。

 幻想都市経由で目的地まで行く道中。
 魔物が現れたり、山賊が現れたりする。普段ならば簡単に蹴散らせる程度の相手だが、ルシエラと出会ったことで以前に蟲族にボコられたトラウマが蘇り、いつも通りに戦えなくなる。
 その上、ずっと気を張って疲れがたまり、睡眠も満足に取れなくなる。
 
 ハンスから蟲族の特徴を持つだけでルシエラは無害だと説明される。一緒に過ごして慣れろと言われるが、ザザは無理だと拒絶する。

 うまくいっていたことが全てダメになる。
 さらに、痺れ粉の入った玉を風上の敵に投げてしまい、それを吸った仲間たちは窮地に陥る。辛くも魔物は退けたが、「もう休め! 邪魔なだけだ」と追い出される。
 ザザは拒絶するが、ハンスからも命令され幻想都市リュシオルに置いてかれる。

 それまでは気にならなかった周りの視線が気になるようになり、全てが敵になったように感じる。激しく落ち込むザザだったが、そんななかルシエラだけは優しくしてくれる。
 彼女だけはずっと自分の味方でいてくれる。そのことに気づき、ザザは恐怖を克服する決意を固める。
 

○二幕前半 

 幻想都市リュシオルにてルシエラとの生活が始まる。
 しかし、ザザはルシエラのような人と生活するのも初めてでどう接すればいいのかわからない。そこで使い魔であるディーに接し方を教わりながら、おっかなびっくりルシエラのことを理解して絆を深めていく。

サブプロット三つ。
優しさを手に入れる。協調性を身につける。死を悼む心を思い出す。
舞台は教会など?

○二幕後半 

 今までうまくいっていた狩人の仕事の成果が出せなくなる代わりに人付き合いが良くなり、考え方が変わっていく。
 優しく笑えるようになり、動物や子供が逃げなくなる。
 街の人々からも頼りにされるようになり、「変わったね。付き合いやすくなった」と言われるようになる。
 ザザはルシエラの影響で変わったのだと気づく。

 ザザは自然体で接することができるようになる。そして、ルシエラを大切に思うようになる。

 女神が降臨したことを祝う神現祭の日。教会でルシエラとザザは子供たちにガレット・デ・ロワを振る舞う。(フェーヴという人形が入ったケーキのこと)
 お祭りを楽しんだ二人。
「ザザさんが善い人で良かったです」
 知り合えて良かったと続けるルシエラの笑顔を見て、ザザは本当にそうだろうかと不安が襲う。
いい雰囲気になり、ルシエラがザザとの仲をさらに深めようとする。
 しかし、ザザは自分の過去が血で汚れているため、ルシエラを汚してしまうと感じ拒絶する。
 ルシエラは傷つき、誤魔化すように外へ出かける。
 ザザは「どうして肝心なところでこんな態度をするんだ」と自分を責める。

○三幕

 ザザはルシエラに「お喋りで抜けてる人」だと思われている。しかし、それは本来の姿ではない。
 本来の自分は他者を踏みにじり、平気で人を殺すことができる人間だ。そんな本性を知られてしまったらルシエラに嫌われてしまうかもしれない。
 ザザはそれを恐れ、お喋りで害のない自分を演じ続けようとする。
 しかし、このままでは狩人の仕事に復帰することはできなくなってしまう。
 仕事を終えた仲間たちがリュシオルを訪れるまでにこのまま本性を偽って過ごすか、それとも狩人の生活に戻るか決めなくてはならなくなる。
 時を同じくしてガイルのもとに「ザザが不調を抱え、幻想都市で静養中」という情報がもたらされる。

 ガイルがザザへの復讐を実行する。
 教会が襲撃され、ルシエラも連れ去られる。
 それを知ったザザは単身、敵の本拠地へ乗り込む。本性を見せて嫌われても構わないと決心して、それまでルシエラに見せていた表情から一転して冷徹に容赦なく敵を殲滅。
 
 ザザはルシエラが凝然と目を見開いて固まっている姿を見て、彼女に嫌われたと確信する。
 拘束を解き、仲間がすぐに駆けつけるから保護してもらえと言い残して立ち去ろうとする。
 しかし、ルシエラに引き留められ、説得され、本当の自分を受け入れられる。
 エピローグでザザはホタルの特性を持つルシエラに合わせて、光る魔石のついた指輪を送ってハッピーエンド。

キャラクター

ザザ
 主人公。死体を操る。暗殺者として育てられ、戦時中に暗躍していた。
 物語が始まる数年前。蟲族の武人にボコられて療養している間に戦争が終わり、暗殺者組織が狩人派遣会社に変わった。狩人として活躍しているときのほうがイキイキとしている。

ルシエラ
 ヒロイン。おっとりとした性格の女性。複眼。外見はかなり人寄りの蟲族。
 ホタルの特徴を持った蟲種でヒトダマみたいなものが常にくっついている。ヒトダマは嬉しいことがあるとよく光る。
 水ソムリエ。
 人寄りの蟲族は珍しいため拉致されて危うく売り飛ばされるところだったが、ハンスたちによって助けられた。
 ルシエラを保護することができたのはザザが気づいたおかげだとハンスから聞いていたため感謝している。ザザ本人はそのことに気づいていない。

ガイル
 敵役。冒頭の邪竜狩りの際、仲間であり恋人でもあった女性が死亡。さらにその死体をザザが邪竜を討伐する際に使ってしまったため激しく憎むようになる。

設定(世界観)

戦争がずっと続いていたが、女神が降臨し、聖物を地上におろしたことで人々の憎しみが吸い出され魔物に変化。襲ってくるようになる。
戦争はその時点で継続困難になり、代わりに魔物との戦いが始まった。
魔物は数が多いが、基本的に知能はない。

作者コメント

10万文字くらいの長編を書きたいと思い昔考えた設定を見返していたら見つけたものです。
読んでみたいと思える設定になっているか不安なので教えていただけると嬉しいです。
あまり重たくない作品にしたいのですが、ちょっと設定が暗めなのが気になっています。

スレッド: 屍使いのままならない日々

返信する!
コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「屍使いのままならない日々」の返信一覧

他の相談依頼

▼おすすめ小説!

幼馴染に何度ふられても諦められません

投稿者 みりん 返信数 : 21

投稿日時:

最近、プロットは書けるのですが、本文を最後まで書けなくなってしまいました。 書いてるとこれ面白くないんじゃないか、とモチベーション... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

▼おすすめ小説!

ハピネスの舞台裏

投稿者 エア 返信数 : 12

投稿日時:

・純真な百合を主役組が悪役組の手から守ろうとする様子をどうしようか迷っています。 ・でも、ある出来事を機に団員が一致団結しようとす... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

寿国演義 銀鈴、牢獄で幽霊と邂逅す

投稿者 ドラコン 返信数 : 7

投稿日時:

 ドラコンです。「創作相談掲示板」のほうで、小出しに相談していた中華風ファンタジーです。    ある程度、案が煮詰まりました... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ