小説のプロット相談掲示板

鬼嫁ガタリ

スレ主 投稿日時:

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

キャッチコピー:突然やって来たのは鬼嫁(種族的な意味で)!?

カテゴリー:ラノベ(中高生向け)

あらすじ

現代日本に暮らす高校生の鬼塚灯也は頭の片隅にある記憶を抱えていた。小さい頃の自分が女の子と何か約束した記憶だ。女の子が誰でどんな約束をしたのか内容は思い出せないがあまり気にせずに日々を過ごしていた。そんなある日灯也の家に角の生えた美少女が訪れる。少女は伊吹と名乗り、自身を鬼だと言った。
状況が飲み込めないながらもとりあえず茶を出し適当に話をして帰ってもらおうとする灯也。伊吹は小さい頃灯也と約束したとおり嫁になりに来たと言うが灯也はまったく覚えていない。さらに話をする中で伊吹が本物の鬼であると知りますます困惑してしまう。そこに灯也の母親・凛がやって来て状況を説明すると「一度デートでもしてみれば何か思い出すかも」という凛の提案により二人はデートすることに。
 デートしてはみたものの灯也は何ひとつ思い出せなかった。灯也は「俺にとって君は今日初めて会った他人だから気持ちに応えることはできない」と伊吹に謝る。しかし伊吹は「それでも我は好きだ」と返す。その時、灯也は突然現れた妖怪に連れ去られてしまう。攫われる中で走馬灯のように灯也は思い出した。幼いころ、灯也は伊吹と結婚を約束した。しかし二人が会ったのはその一度きりで、時が経つにつれ灯也はいつしか忘れていたのだ。
 灯也が妖怪に食われそうになる寸前、伊吹が助けに現れる。伊吹は灯也を食われそうになったことにブチギれ、金棒と妖術で応戦するも苦戦。その様子を見ていられなくなった灯也は駆け出し、妖怪を殴り飛ばした。ただの人間が自身を殴り飛ばしたことに恐れをなし妖怪は逃走、二人は難を逃れる。
帰宅し、伊吹が作った夕食を食べながら話をしていると伊吹は遠くから出てきたためこちらに知り合いもおらず行くあてがないという。それを聞いた灯也は家事を担うという条件付き(というのは建前で本当は伊吹を放っておけないから)で伊吹を家に住まわせることにする。

キャラクター

・鬼塚灯也
主人公。男子高校生。デカい図体と顔が怖いことで周囲から畏怖されているが基本的に温厚で正義感強めな常識人。不良に絡まれることが多いためケンカ慣れしている。
・伊吹
ヒロイン。鬼の少女。一人称は「我」と尊大だが礼儀正しい。家事万能。金棒を武器とし、妖術を操る。
・鬼塚凛
灯也の母親。良く言えば懐が深い、悪く言えば大雑把な性格。伊吹のこともすぐに受け入れる。

設定(世界観)

舞台は現代日本。ただし一般には知られていないが妖怪が存在する。

参考作品

ニセコイ、うる星やつら、小林さんちのメイドラゴン

作者コメント

はじめまして、灯(ともしび)といいます。人間×人外のラブコメ第1話としてプロットを作りました。まともにプロットを組み立てたのは初めてでいろいろと欠点あるかと思います。ご意見やアドバイスどうかお願いします。

スレッド: 鬼嫁ガタリ

返信する!
コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「鬼嫁ガタリ」の返信一覧

他の相談依頼

絵描き少年と桃少女(仮)

投稿者 ソラナキ 返信数 : 5

投稿日時:

どういう展開を入れたら面白くなるか、など。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

鉄錆の森(仮題)

投稿者 ハイケ 返信数 : 3

投稿日時:

前作が仕上がったので、新しく考えてみました。例のごとく勢いで書いてしまったので、これから大幅に変わるかもしれません。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

Happy game

投稿者 タンボ 返信数 : 7

投稿日時:

NO.4のゲームのアイディアが欲しいです。そして、まだまだ、修正可能な所がありましたら、アドバイスください。 ぜひ、この話を文章に... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ