小説のプロット相談掲示板

洞窟天使は陽だまりを夢見て (No: 1)

スレ主 みず 投稿日時:

目的:趣味で書く

要望:おもしろいか教えて下さい!

キャッチコピー:「あたりまえ」を手に入れるため奮闘する天使の話

カテゴリー:ラノベ(中高生向け)

あらすじ

【プレミス】

 太陽の光(敵対者)を浴びるだけで大火傷をしてしまうため日差しの届かない洞窟で暮らす(シチュエーション)天使シンシア(主人公)の夢は、育ての親である長老のように神殿巫女になって各地を飛び回り、困っている人を助けること(目的)。
 しかし、長老に余命が幾ばくもないことを知り(災難)、シンシアは彼女を案じる長老を安心させるため日差しを克服する儀式を行うべく奔走する(葛藤と対立)。

キャラクター

主人公シンシアは天使と呼ばれる種族の少女。色素が無く日差しを浴びただけで大火傷をしてしまう。
物語冒頭では光の届かない洞窟で長老や渡り鳥たちから教わったたくさんの旅物語を本にまとめて過ごしていた。
シンシアは翼が黒く染まり、低空を飛ぶことしかできない。
夜だけ外に出て星空を眺めたり、近場を散策したり、舞踊の振り付けを練習するのが日々の楽しみ。
寂しさはあるもののそれなりに今の生活に満足していた。

作者コメント

初めまして、みず と申します。
長編を書きたくてプレミスを作っているのですが、長編に耐えられるだけのパワーがある設定になっているか分からず、ぜひ皆様の意見をいただきたいです。

作者としては葛藤と対立が弱い気がしていて、もっと大きな危機があったほうがいいのかな?と考えています。
また、現時点では主人公シンシアが心身ともに自立していく過程を構成の軸にしようと思っています。

以上になります。ご意見お待ちしております。

タイトル投票結果を見る

  • 2点洞窟天使は陽だまりを夢見て ( )
  • 0点陽だまり天使は洞窟を出て夢見る ( )

一番興味を惹かれるタイトルを選んでください

  • 洞窟天使は陽だまりを夢見て
  • 陽だまり天使は洞窟を出て夢見る
この小説に意見を書く!

洞窟天使は陽だまりを夢見ての返信 (No: 2)

投稿者 サタン : 1 No: 1の返信

投稿日時:

プレミスって言葉を知らんかったのでググってみた。
なるほど。私はよく「最初に物語を一文で表現しろ、すっごくシンプルに最小単位で作れ」と言ってるんだけど、その「一文」のことね。

であれば、スレ主さんが考えられてるプレミスは「天使が太陽の光を克服するため奔走する話」といった感じでしょう。
これは、余計なものを入れずに短くシンプルに作るのがコツです。
まずは主語と述語のみで考えてみるといい。
この場合の主語は「天使が」で述語(述部)は「奔走する」になる。つまりこの物語は「天使が奔走する話だ」とわかるでしょ?
で、この文に物語の目的を入れて整える。目的は「太陽の光を克服すること」だから、「天使が太陽の光を克服するため奔走する話」というプレミスが出来る。

ここで「目的」を入れ替えると、例えば「天使が悪魔と恋をするため奔走する話」とか「天使が地獄の最下層から脱獄するため奔走する話」とか、雰囲気も設定もイメージもガラッと変わっていろいろな物語のパターンを想定し検討できる。

それで言うとスレ主さんのプレミスは「天使」なのに「日差しが天敵」で夜を好むわけで、ミスマッチで興味をそそられます。
けれど、残念ながらこの物語で重要な部分がまったく出来てないようなので、すぐに長編に取り掛かるのは難しいだろうなと思います。
というのも、
「主人公は日差しが苦手で洞窟で暮らし、夢がある」というのは主人公の現状を説明しているだけで、
「育ての親が余命いくばくもない」というのは、主人公が儀式に挑戦することになる切っ掛けでしかない。
こっから「奔走する」の物語本編が始まる。
なのに、その「奔走する」の内容がまるごと書かれていない。
奔走してどうなったか、失敗したのか成功して日差しを克服したのかも書かれておらず、また成功したとて「主人公には夢がある」としているので、その夢が叶ったかどうかもわからない。つまりオチも書かれていない。

ネタとしては、前述した通り面白味はあると思う。
けど、物語が出来てないので、ご質問の「長編に耐えうるパワーはあるか」に答えるなら、想定してる長編のサイズにもよるけど、文庫本一冊分くらいなら、と思うかな。

結局のとこは「儀式に挑戦する」というのが本編の「奔走」になるからその儀式次第ではあるし、すごく長い作品を想定しているとすると、ずーっと儀式を続けてる(儀式を終えたら話が終わっちゃうプレミスをしてる)だけだとどうしても読者が飽きるので、それほど長い作品には出来ないかなと思う。

設定に助言は求められていないので余計なお世話かもしれんけど、
「日差しに弱い」という設定が物語に利用はされてるけどいまいち活かされてる展開ではないように思えるので、
>日差しを克服する儀式を
この目的に対する直球な展開を少し変えて「長老の跡を継いで神殿巫女になる儀式」とかにしたほうが良いと思う。
その儀式には「日差しに弱い」という欠点が致命的で、それをどう解決するのか、儀式は3行程あってそれぞれどのようにクリアしていくのか、その過程で条件付きながら日差し自体に耐性をつけられて神殿巫女として各地に行けないこともないが、希望が見えてきた。という感じのほうが、つまり、「日差しを克服」は直接的な目的にするのではなく「主人公の弱点」として、その弱点を抱えながら目的を達成して弱点を克服した、という形に持ってくほうが良いのではないかと思う。

長所。良かった点

天使なのに太陽が天敵ってのがいいね。
よくあるものでは「吸血鬼なのに血液恐怖症」とか、もとから特徴のある妖怪や悪魔に別側面を与えて面白くしたりというのを見かけるけど、それとは少し違ってる印象。
「光に弱い天使」というのは良いアイディアだと思います。
普通それは「堕天」で表現しちゃうから、なにげに誰でも思いつきそうだけど誰もやってこなかった組み合わせのような気がする。

良かった要素

ストーリー

洞窟天使は陽だまりを夢見ての返信の返信 (No: 3)

スレ主 みず : 1 No: 2の返信

投稿日時:

サタン様コメントありがとうございます!
言葉足らずで申し訳ありません。「長編」の長さは文庫本一冊を想定しておりました。
土台となるアイデア自体は興味を持っていただけるものになっているようで安心しております。
自分以外の方でも興味を持てるものになっているか不安だったので、これでようやく物語の流れそのものに着手できます。
非常に参考になるご意見をいただけて現在の課題もしっかりと把握できました。
この度はありがとうございました。

陽だまり天使は洞窟を出て夢見る (No: 4)

投稿者 t : 1 No: 1の返信

投稿日時:

こんにちは。小説は好きなことを自由に書いていいです。
”長編に耐えられるだけのパワーがある設定になっているか”は、本編の文章次第という言い方もできますね。

自分にとっての面白いと感じることが、他人にも同じように伝わっているかという意味でいえば、この物語における天使には魅力があるのですが。物語が動きだす最初のきっかけ・動機(恋や愛)が足りていません。

葛藤、対立、もっと大きな危機について好みにもよりますが、主人公は"大火傷をしてしまう"があれば十分です。葛藤、対立、大きな危機について、例えば部族の間で神殿巫女に対する解釈の違いがあるといったような、例えば洞窟に大きな危機があるといったような、たくさんのやり方があるなかで。ようは別角度から物語に新しい視点をあててみてください。

応援しています。それでは良いお年をお迎えください~。

タイトル案

陽だまり天使は洞窟を出て夢見る

長所。良かった点

太陽の光(敵対者)を浴びるだけで大火傷をしてしまう主人公が、神殿巫女になって各地を飛び回り、困っている人を助ける。
彼女は長老や渡り鳥たちから教わったたくさんの旅物語を本にまとめ、夜だけ外に出て星空を眺めたり、近場を散策したり、舞踊の振り付けを練習するのが日々の楽しみにしていた。なぜならシンシアは翼が黒く染まり、低空を飛ぶことしかできない。
しかし、長老に余命が幾ばくもないことを知り(災難)、シンシアは彼女を案じる長老を安心させるため日差しを克服する儀式を行うべく奔走する(葛藤と対立)、物語。

興味を惹くドラマもオリジナリティも、ストーリーもあります。
自信を持ってください。

良かった要素

ストーリー 設定 オリジナリティ

陽だまり天使は洞窟を出て夢見るの返信 (No: 5)

スレ主 みず : 0 No: 4の返信

投稿日時:

t様コメントありがとうございます!
今のプレミスにこだわらず、動機を恋愛メインにしたパターンも作って比べてみようと思います。

とても暖かいお言葉をいただけて本当に嬉しいです。
一人でずっと考えていたらどんどん不安になってしまって書く気持ちが少し揺らいでいたので。
この度はありがとうございました。
良いお年を〜!

洞窟天使は陽だまりを夢見ての返信 (No: 6)

投稿者 t : 1 No: 1の返信

投稿日時:

こんにちは!
喜んでいただけたようで私も嬉しいです。

”動機を恋愛メインにしたパターンも作って比べてみようと思います。”
少女漫画や作者が女性の場合、物語が最初に大きく動き出す瞬間にだいたい出会いがありますね。森で王子様を拾った。精霊と出会った。傷ついた子竜を見つけた。
出会いと聞いてぱっと思いつくのが恋愛ならそれでもいいですし、これといって、動機を恋愛と限定する必要もありません。
もし恋愛メインにしたパターンを作る時は最初の出会いと、その後の話の広げ方。
このあたりに注目しながら新しいパターンを作ってみてください。

何かのお役にたてば幸いです。

良かった要素

ストーリー 設定 オリジナリティ

この小説に意見を書く!

他の批評依頼

▼おすすめ小説!

凍った瞳

投稿者 silica 返信数 : 5

投稿日時:

 この作品は、人類補完機構シリーズに影響されて、壮大な歴史に一部を短編として作ろうとしている物です。まだ他の作品は全然出来上がってい... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

ワイルドハント(仮称)

投稿者 秋月散花 返信数 : 4

投稿日時:

 はじめまして。秋月散花と申します。  この度はこちらにて、プロットの相談をご依頼させていただきました。  表現の上で、倫理的に... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

連作短編の1話目

投稿者 桃うさぎ 返信数 : 3

投稿日時:

どの程度の長さで書けばいいのかが分からないです。どうかアドバイスよろしくお願いします。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:洞窟天使は陽だまりを夢見て 投稿者: みず

初めまして、みず と申します。
長編を書きたくてプレミスを作っているのですが、長編に耐えられるだけのパワーがある設定になっているか分からず、ぜひ皆様の意見をいただきたいです。

作者としては葛藤と対立が弱い気がしていて、もっと大きな危機があったほうがいいのかな?と考えています。
また、現時点では主人公シンシアが心身ともに自立していく過程を構成の軸にしようと思っています。

以上になります。ご意見お待ちしております。

コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ