リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

もしも今日世界が滅亡するとしたら第2話 全5話で完結

加奈の召命

作者 鱈井元衡 得点 : 2 投稿日時:


「何と哀れな人間たちなんだ」
 宇宙空間で一人、銀髪の青年がひそかにたたずんでいる。
 優しげで、しかしとてつもなく虚しさのこもった目。
「僕が滅ぼしてあげなきゃならない。この手で、絶対に」
 その先には、明るい色で照らされた地球。
 黒ずんだ岩石が、地表に向けてぐんぐんと進みつつある。
「一体、僕は何をしているんだ。結局人類は滅ぶ運命にあるのに」
 漆黒の中、沈思黙考。
「その時期を早めるだけでしかない……一体なぜ……?」

 亮太が加奈の家に走りつつある頃、少女はずっとおびえた顔で布団にくるまっていた。
「そんな、もう終わりだなんて」
 弱弱しい声でつぶやくことしかできない。後悔する気分ばかりが鬱積する。
「もっと亮太くんと遊んでいたかったのに。あの時、告白さえしておけば」
 その時である。いきなり衝撃波が生じて、加奈は畳の上を転がった。
 まさか、本当に終わりの時が――
「聴いて下さい」
 品格ありげ、大人の女性の声。
「え?」
 加奈は何も分からず、部屋中を見回した。
 しかし、誰もいない。
「聴いて下さい。未来の救世主よ」
「だ、誰なの?」 隕石に対するものとは別種の恐怖が、心を満たしていく。
「今、地球に未曽有の危機が迫っているのです。そこから地球を救えるのは、あなただけなのです」
 気づくと、それは外から来る声ではなかった。脳内に直接、響いてくるような音色だった。
「ど、どういうこと?」
「今、あなたに、私の力を与えます」
「きゃっ!」
 目の前が閃光につつまれ、一瞬何も見えなくなる。
 だが、再びものが分かるようになった途端、目の前には一つの白銀の杖。この家の中に置くには場違いな感じさえ。
「こ、これは何?」
 少女が数回ためらった後、それを片手でつかんだ途端、幻影が脳裏に焼き付いた。
 美しい装飾に身を包んだ女性が、真紅と黒につつまれた世界を背景、何者かと闘っている姿を。一瞬で、ごく普通の光景に戻る。
 だが、すぐに理解する加奈。
 自分には、とてつもない大きさの使命が与えられたのだ。今、あの人から受け継いだものを、絶対に守り抜かねばならない――。
この物語の目次へ

作者コメント

追加設定(キャラクターなど)

謎の青年…地球人ではない。地球の滅亡を願っている。
夢の中の女…何かを守るために戦っていた。加奈にその使命を受け継がせる。

他の小説の第1話

ソドム市警察殺人課

作者 とおせんぼ係 総得点 : 6

投稿日時:

 古今の怪物、モンスター、伝説的殺人鬼が住むこの平和なソドム・シティに30年ぶりの殺人事件が起こった。
 勤続三十年の吸血鬼の刑事、銀福栄は、夜半に一報を受けてすぐに現場に向かった。そこは町外れのマルコス=オズ=フランの丘の斜面... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,987 投稿数 : 3 全話数 : 4話完結

私っていらない子?

作者 ゆり 総得点 : 0

投稿日時:

「あなたはできない子ね!」
「わー!バカがうつる~」
そんな言葉が鋭い槍となって私を刺していく。
そんな私はもうボロボロの布のよう。
そう、私は誰からにも嫌われている、鈴木こころ。 
私は親にも嫌われて、クラスメイトからも嫌... 続きを読む >>

文字数 : 442 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

私がアイツでアイツが私で

作者 なっしー 総得点 : 4

投稿日時:

ギャアギャア鳴き喚くカラスがうるさい。

勇者が目を覚ましたのは、異様なまでに大きくてふかふかしたベッドの上だった。立派な窓の向こうでは落雷が幾度となく光っている。薄暗闇を見渡せば、禍々しくも豪華な屋敷が広がっていた。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 363 投稿数 : 5 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

もしも今日世界が滅亡するとしたらの第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ