リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れ第3話 全10話で完結

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れ 第3話 訓練

作者 ロミオ 得点 : 0 投稿日時:


私はチェンチェンという名前の中国人の助言に従い、
用務員の小部屋に行った。

そこにはこの学校の教頭先生が居た。
白髪まじりの教頭先生は言った。

「俺はオマエの心を知っている。俺の笛に合わせてその場で行進せよ。」
「徳が高くなりますぞ。」

ピッピ!
ピッピ!
ピッピ!
ピッピ!

ピッピ!
ピッピ!
ピッピ!
ピッピ!

ピッピ!
ピッピ!
ピッピ!
ピッピ!

ピッピ!
ピッピ!
ピッピ!
ピッピ!

教頭は笛を吹く。
私はその音に合わせてその場で足踏み、行進する。

三十分ほど行進した。
清清しい気持ちになった。

私は靴下生活に憧れていたが、それをやめた。
私にとってそれは過去の願望だ。

私は毎日用務員室で行進する。
笛の音に合わせて。

それでいい。
それが幸福。



つづく
この物語の目次へ

追加設定(キャラクターなど)

教頭先生・・・笛を吹き、人を行進させる。

他の小説の第1話

私っていらない子?

作者 ゆり 総得点 : 1

投稿日時:

「あなたはできない子ね!」
「わー!バカがうつる~」
そんな言葉が鋭い槍となって私を刺していく。
そんな私はもうボロボロの布のよう。
そう、私は誰からにも嫌われている、鈴木こころ。 
私は親にも嫌われて、クラスメイトからも嫌... 続きを読む >>

文字数 : 442 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

暖冬傾向の春休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「また?休み?」掃除機に身を委ねていた猫がむくりと起き上がる。
「毎年冬休みの次は春休みじゃないか」この流れだと俺、猫と話しているみたいだな。
母さんなんだけど。猫って掃除機に吸われるの好きだよね。悦楽している。
「だって毎日ご... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 339 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

幻燈街の飴売り

作者 フレデリカ 総得点 : 9

投稿日時:

 街の大通りの隅を、大きな籠とビラの束を持って一人の少女が歩いている。春の穏やかな陽光が人々に降り注ぐ中、彼女はひなたに出るのを躊躇しているようだった。脚はガタガタ震え、指を強く握りしめている。
 しかしそれでは仕事にならないと、少... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 440 投稿数 : 4 全話数 : 6話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れの第4話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ