リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れ第4話 全10話で完結

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れの第4話

作者 空亡海 得点 : 1 投稿日時:


それは唐突だった。まるで驟雨のように唐突に、私の頭の中にある疑問が浮かんだ。
「何故、私は踊るの?」
笛に合わせ踊る日々、その疑問が出たのは踊り続けてから約70年が経ったある日だった。
その日から私はその疑問を考え続けた。そして思い出したのは懐かしいあの頃だった。琴子さん、懐かしい名前―――私はなにをやっているのだろう。あの男に洗脳されていたのだろうか。

 手を見ると、そこには皺くちゃの肌があった。私は人生をこの踊りに捧げ、こんなにも無駄な生活をしてしまった。琴子さん……琴子さん……琴子さんにまた会いたい。あの頃に戻りたい。

 最初の三日間は泣き続けた。目が腫れ、赤くなった。でも涙はいつの間にか枯れていた。

 そこから一ヶ月はなにもできなかった。まるで何かを失ったように、私はなにも出来なかった。

 一年経った。その頃私は瞑想をしていた。一日中、ずっと――――
 そして考えるのだ。人生とは何か――――運命とは何か―――

 五年が経つと、もう私は人間という精神を超越し圧倒的な思考能力を手に入れていた。そしてこの世の真理を見つけ出していた。

 ある日、私はいつものように瞑想をしていると、何故か不思議な感覚に襲われた。なにか、温かい光が私を包んだ。そしてその光の奥から、懐かしい光景が浮かんできた。

「圭子――――久しぶり」
「琴子……さん?」
「ええ、私は琴子よ」

 それが私の本当の物語のはじまりだった。

他の小説の第1話

冬晴れの冬休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「あっ、空ってこんなに青かったんだ」
冬休みも後半。茨城(人)は滑り落ちた日本海から砂丘を見上げた。
この倭の国造り。功を焦り過ぎたのか。出雲の大国主神と言われてはいても。
「いばらぎ~あんた!正月から海なんて何処のサーファー?... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 326 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

楽園に囚われた少女

作者 あおいひつじ 総得点 : 1

投稿日時:

私達イチカ民は、太陽の女神と月の女神を信仰している。
姉妹である2人は、私達イチカ民にそれぞれ贈り物をくれた。
太陽の輝くころに生まれた昼の民は、7歳になると同時に洗礼の儀式を受け、太陽の女神より育みの力を受け賜う。
その反面、... 続きを読む >>

文字数 : 382 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)

作者 ロミオ 総得点 : 2

投稿日時:

高三の時,僕はクラスのA子さんと仲良くなった。
僕とA子さんはよく一緒に帰った。
A子さんは僕にとって生まれて初めて出来たガールフレンドだった。

四月の下旬の風が涼しい夕方学校が終わって僕はA子さんと一緒に帰っていた。
帰... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,072 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れの第5話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ