俳句添削道場(投句と批評)

お題『紫陽花』の俳句を作りませんか?(添削を依頼する)

添削依頼 更新順。添削・感想を書いた人の最新句が一番上に移動します。

不快なコメントを書かれたら?

コメント下に「この人をブロック」という赤いボタンがあります。このボタンを押すと、対象の人の書き込みがすべて表示されなくなりますので、ご活用ください。また管理者までご連絡ください。

夏木立無窮の空に限りなし

作者名 友也 回答数 : 0

更新日時:

紫陽花に降る雨音の静かかな

作者名 堀籠美雪 回答数 : 0

更新日時:

靴空に星に届けと跣の子

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 13

更新日時:

緑陰に女ひとりやチラシ持ち

作者名 竜子 回答数 : 1

更新日時:

かたばみのポストに届く彼の手紙

作者名 シゲ 回答数 : 2

更新日時:

ミネラルの音秘かなるや紫陽花

作者名 こま爺 回答数 : 8

更新日時:

紫陽花や自分で掴む幸せは

作者名 堀籠美雪 回答数 : 2

更新日時:

紫陽花や平和なき世の平和かな

作者名 友也 回答数 : 1

更新日時:

紫陽花や卵白立てて泡立てて

作者名 松健四歩 回答数 : 5

更新日時:

大病に立ち向かう日々梅雨晴れ間

作者名 友也 回答数 : 0

更新日時:

未添削の俳句 添削をお願いします!

春風に子を抱く文江葬式で

作者名 おいちょ

投稿日時:

霜柱二歩三歩目に音を聴く

作者名 素風

投稿日時:

はや立秋こころの準備できぬまま

作者名 田中喜美子

投稿日時:

最新の添削 良い添削だと感じたら「いいね!」ボタンを押してください

「焼酎のみづぼんやりとみづに溶け」の批評

回答者 こま爺

添削した俳句: 焼酎のみづぼんやりとみづに溶け

おはようございます。

「溶け」は要らないでしょうね。水の中に水が、あるいは水の上に水がと詠むのはその情景まで、その先の「溶ける」は読者に託しても良いと思います。
"焼酎の水ぼんやりと水の上

よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「銅像の裾めくりゐる青嵐」の批評

回答者 山口雀昭

添削した俳句: 銅像の裾めくりゐる青嵐

あらちゃん様、おはようございます!
拙句に暖かいお言葉ありがとうございました。今の世の中は政治経済とも憂いがないので思い切り詠いましたが下5の子供の日が気になるところです(/ω\)
御句、感心したのは「銅像の裾めくり」のところですが、銅像の裾はめくれる事は殆ど無いのですが、それをうまく表現しているところが素晴らしいと思いました。
そのままいただきますネ(^^♪

点数: 1

添削のお礼として、山口雀昭さんの俳句の感想を書いてください >>

「焼酎のみづぼんやりとみづに溶け」の批評

回答者 竜子

添削した俳句: 焼酎のみづぼんやりとみづに溶け

気まぐれ亭いるか様 おはようございます。
お世話になります。
拙句のコメントありがとうございます。
御句
焼酎の水割りですか。濃度の違いで溶けていくのが見えますね。
リフレインの試みですね。焼酎のみづぼんやりとを焼酎のみづにぼんやりはどうでしょうかね?
詠んでみました。
焼酎のみづにぼんやりみ薄まりぬ
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「焼酎のみづぼんやりとみづに溶け」の批評

回答者 松健四歩

添削した俳句: 焼酎のみづぼんやりとみづに溶け

おはようございます。
前句、「石鯛」が季語でしたか、調べ不足でした。
お造り、食べたいです。
本句、水割りを作る時の、あの水と焼酎がじんわりと混ざって行く様子ですね。
いいと思います。
「みづに溶け」は分かるのですが「焼酎のみづ」が??と思いました。
よろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、松健四歩さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨雲の一線上や富士隠る」の批評

回答者 あらちゃん

添削した俳句: 梅雨雲の一線上や富士隠る

負乗様おはようございます。
見えなかったのは残念でしたね。
敢えて山頂が見えなかったということで詠んでみました。

梅雨雲に隠る頂富士の山

よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧2ページ目(最新の順)

添削依頼をする!(投句)

現在のお題『紫陽花』または自由。

コメントは3000文字以内に収めてください。
添削通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ