俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

狂ふ蝶ぢつと見守る女かな

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語に「眠る蝶」あれば「狂う蝶」もあり。

練習句なので、「女」の素性、作者との関わり等、深刻に捉えないでください。
文語、旧仮名も、気取っているのではありませんです。

最新の添削

舞ひ狂ふ蝶を見つめる女をり

回答者 秋沙美 洋

負乗さん、こんにちは。

女の素性を明らかにしないのであれば、女に対して「かな」で詠嘆する必要性が本当にあるのか、再考の余地あるかと思います。
また、上五と中七「狂ふ蝶ぢつと見守る」ですが、間に入るべき「を」の省略の仕方がやや強引に思えました。

以上を踏まえて添削句としてみました。いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「狂ふ蝶ぢつと見守る女かな」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今日は(*^^*)
形的には出来ていると思います。
ただ。この句は上五で軽く切れますよね。「かな」を使う時は出来れば切れを入れない方が綺麗だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

狂ふ蝶見つめる女母に似て

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

文語、旧仮名使いを気取っていると取るような方はここにはいないと思いますが・・・

「じつと」(この語は「じ」のようです)「見守る」が詠み手の主観ですね。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

空き箱に拾ってください後の月

作者名 幸福来々 回答数 : 2

投稿日時:

花の群れ立ち止まりをり五月かな

作者名 谷口智子 回答数 : 3

投稿日時:

大寒や煙を上ぐる半田鏝

作者名 大江深夜 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『狂ふ蝶ぢつと見守る女かな』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ