俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

妻の膝猫の欠伸や外は雪

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつも拙句にコメント添削ありがとうございます。なかなかお礼出来ずに申し訳ありません。
前の句も含めて、お礼に伺いますので、しばらくお待ちくださいませ。

この句、見たまんまです💦

最新の添削

膝上に猫欠伸して外は雪

回答者 イサク

こんにちは。

この句は、意味的には繋がっているのに三段切れに見えてしまっているという問題がありますね・・・
地味に要素が多い(上五中七に「妻」「膝」「猫」「欠伸」と四つあり、隠れた要素で「膝上の猫」というものがあります)ので、どれかを削る勇気を持つとよいのではないかと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「妻の膝猫の欠伸や外は雪」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

鳥越さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

これは色々気になる点が散見します。
まず全体の作りとして、上五/中七/下五でブツっブツっと切れているような印象を受けました。
これによって、「妻の膝の映像」「欠伸をしている猫の映像」「雪が積もっている外の映像」それぞれの繋がりが薄れてしまっているかと。

後は下五「外は雪」でしょうか。
雪の季節に膝の上で呑気に欠伸をする猫がいる時点で、十中八九外ではない=室内の光景だというのは容易に想像出来ます。
わざわざ「外は」と説明する意図、自分には感じられません。

以上を踏まえて添削句としてみました。

「初雪や猫欠伸する妻の膝」
いかがでしょうか。
上五は他の雪の言葉を用いても成立するかと思います。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨寒や高き梢で鳴く鴉

作者名 さつき 回答数 : 3

投稿日時:

もう金は数へず星を星月夜

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

喪中葉書締め切りたし年の暮れ

作者名 なおじい 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『妻の膝猫の欠伸や外は雪』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ