俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

衿元のボタン緩める梅二月

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 寒い間、キッチリ止めてたボタンも、一つ外してみたくなる春先です。それだけですね?

最新の添削

「衿元のボタン緩める梅二月」の批評

回答者 大猫

春がやって来たと思える良い句だと思います。
まだ少し寒いが衿元の釦を緩めたくなる日が来たという感じが季語の梅二月にはっきりとあらわれていて勉強になりました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、大猫さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「衿元のボタン緩める梅二月」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただきます。

ボタンゆるめる季節が来ましたねー。まだまだ寒いですがねー。
これは暖かくなってボタンを緩める以外の、心理的にほどける梅二月を表してるように感じました。中七軽く切りたくなりました。ここは好みですかね。
衿元の釦ゆるめて梅二月

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「衿元のボタン緩める梅二月」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。おっしゃる通り、冬場は襟元を閉めていますよね。襟元を暖かくしないと、他をどれだけ厚着しても寒く感じるようですよ。
ですから逆に、先に暖かさを感じるのも襟元なのではないでしょうか?

げばさんがおっしゃるように、気候・気温の点だけでなく、気分的にも襟を開きたい気分になりますよね。
いい句です、このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「衿元のボタン緩める梅二月」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

先の御二方とは別方向の意見になりますが、
「梅が咲く」という意味の春の季語+「暖かくなったという意味の動作」は、ちょっともったいない気がします。
「梅」という季語で「(二月と言えども)暖かくなってきたかも・・・」という意味を含みますし、受け手も想像できますので。

御句のテーマのままならば「ボタン緩める」という自分の意志・動作のような描写にせずに、「襟元が自然に緩んでいく」ぐらいの方がよいかも・・・

・衿元を緩める風よ梅二月

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

年の夜や削除せられじ句読点

作者名 ねぎみそ 回答数 : 4

投稿日時:

長雨のお盆の空に鷺が舞う

作者名 くりもな 回答数 : 4

投稿日時:

夏の朝医者にするぞと職につく

作者名 優子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『衿元のボタン緩める梅二月』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ