俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬靴やどこから入るこの砂は

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こいつはどこから侵入するのか。冬の靴は脱ぎにくいのです。

最新の添削

「冬靴やどこから入るこの砂は」の批評

回答者 秋沙美 洋

イサクさん、こんにちは。
過去句ですが気になる句でしたのでお邪魔します。

靴に侵入してきた砂粒の存在を切り取る、というのは面白い視点だと思います。普段気にも止めない砂粒ですが、確かにありがちな存在ですよね。
「どこから入る」が少し説明的、散文的な感じがしましたので

「冬靴に出自不明の砂二粒」
としてみました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

砂粒の湧き出るやうな冬の靴

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

 イサク様、お世話になります。
 脱ぎにくい冬の靴に砂が入ってきて、鬱陶しい。日常のあるあるを切り取る、まさに俳句的な視点だと思います。
 ただ”どこから入る”という中七が説明的なので、もう少し描写を工夫し、オリジナリティを出す必要があるかと存じます。例えばですが……

例1)砂粒の湧き出るやうな冬の靴
例2)砂粒の刺してくるやう冬の靴

 このように、いくらでも描写を工夫できます。是非ともイサク様の実感に合った句を完成させていただければと存じます。

点数: 0

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

風薫る大の字になる木のベンチ

作者名 よし造 回答数 : 4

投稿日時:

冬明けのヤマに人車も蘇る

作者名 北あかり 回答数 : 2

投稿日時:

雪の嶺を暮れて染めたり呉須の空

作者名 寒月 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬靴やどこから入るこの砂は』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ