俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

レース越しやはらかな陽を冬の蠅

作者 猫山竹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨日も少し温かかったです。
蚊とか蠅とか、、なんかすみません。

最新の添削

「レース越しやはらかな陽を冬の蠅」の批評

回答者 晴峯旬草

猫山竹様
よろしくお願いいたします

「冬の朝」へのコメントありがとうございます。海苔への扱いなのですが、非常に悩ましいと思いました。海苔は確かに春の季語なのですが、俳句に季語として扱われる海苔は、「産地」や「海沿い」で海からあげられ、干されているところが句になっているものが殆どです(海からあげられ、また潤ってる姿など読まれています)。海苔となる海藻があげられるタイミングが春のようですね。
ですので、私たちがよく食べている乾海苔や焼き海苔は季語として扱われないのではないかと、私は感じました。
しかし、季語は生き物でして、少ないのですが、食卓に並んだ海苔を読んだ句がない訳ではないのです。私たちに身近かな海苔といえばやはり乾海苔ですので、数十年後にはまた海苔は違った季語の姿をしているかもしれません。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「レース越しやはらかな陽を冬の蠅」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

猫山竹さま
よろしくお願いします。景がしっかり立つ「秀句」ですね!中七のひらがな標記が、一層陽をやわらく演出していると思います。添削なしで、、、、!

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「レース越しやはらかな陽を冬の蠅」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

猫山竹様
よろしくお願いいたします

「朝寒し」へのコメントありがとうございます。日常に密着した句を読むのが、自分らしいかな。とも思っているので、そう言って頂いて嬉しいです。

御句ですが、上五中七のクオリティが素晴らしいですね。
やわらかな陽「を」が果たして「を」で良いのか悩みます。「に」を使うと散文的なイメージになりますが、こちらのが蝿に陽が当たる様がイメージしやすいとも感じました。
句意に合いませんでしたらすみません。

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

「レース越しやはらかな陽を冬の蠅」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
拙句「山茶花」の句にコメントありがとうございます。御句読ませていただきました。
レース越しでうるさい蠅も可愛らしく感じました。主観的になりますが、陽を使うよりも日の方が句としては柔らか味を感じるのですが、どうでしょうか?「レース越しやはらかな日を冬の蠅」縦書き表示した場合これの方がと思いまして…。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

やはらかな陽をぬくぬくと冬の蠅

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
冬の蠅の日向ぼっこですね?
景は見えますし句意も伝わりますが「レース越し」「やはらかな陽(差し)」の並列が少しもったいない気がします。意味が似通っていますので。
これから過酷な冬が来ることを蠅は知ってか知らずか?と思い添削句のようにしてみました。いかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「レース越しやはらかな陽を冬の蠅」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

猫山竹様
よろしくお願いいたします

「木の葉」へのコメントありがとうございますございます。子供わんぱくを読み取っていただけて嬉しいです。
添削句ですが、こちらの方がより季語の立つものになっていて、俳句らしさが出たと思います。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の空孫が降り立つ土手斜面

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

ハイビーム下げぬ若葉よ秋の宵

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 5

投稿日時:

散る花や芽吹く緑と出会いけり

作者名 かんな 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『レース越しやはらかな陽を冬の蠅』 作者: 猫山竹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ