俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

猫の恋甥は本日十二歳

作者 北野きのこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆さんこんにちは。
お久しぶりです。
しばらくの間、皆さんの句と添削を読み込む方に専念しておりました。
改めましてよろしくお願い致します。

お題「猫の恋」で詠んでみました。
私にはこの時期の猫の奇声が何とも生々しく感じられ、小さな子供に見せるのは何だか躊躇してしまいます。

思春期を迎え色々な興味の湧いてくる時期の男の子について、大人側から見た句にしたいと思い詠んでいます。

上五とそれ以降で展開が唐突かな?
男の子が猫の恋を覗いている、という様な描写を入れるか迷いました。

感想、批評、添削など頂けると嬉しいです。

最新の添削

猫の恋甥は本日十二歳

回答者 ミカエール

こんにちは♪
はじめまして、ミカエールと申します。
この度は、拙い句に添削して下さり、本当にありがとうございました。
なるほど、どこまで情報公開するか?この見極めが大切なんですね。
皆さんにあれこれ連想して頂く余白を残すギリギリのチラ見せ!
生きてる間に、なんとかしたいです!

北野さんの句を拝見して、気付きました。
全ての初見の句の絵が、とてもはっきり浮かびます。
これが、ザ・俳句なんですね。
ありがとうございます♪

北野さんのこの句、とても好きです。
猫の本能全開の恋愛に興味津々の男の子。
でも、今、自分の誕生祝いの席。
覗きたいけどお兄さんぽく振舞わなければいけない、でもやっぱり気になるジレンマがループ状態になっているのでは?と連想してしまいました。

「覗く」が無い、句に隠れている方が、背徳感?があって、とても面白いと思いました♪

これからも、北野さんの新作を楽しみにしております。

点数: 1

添削のお礼として、ミカエールさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「猫の恋甥は本日十二歳」の批評

回答者 ハオニー

いい句です
余白の取り方が上質です

質問にもお答えします
唐突すぎかな?
いいえ!
唐突な方がむしろいいのです
意外性大事です

12歳の男の子だけの存在だけを描写して、猫の恋という季語と何か関係あるようにみせるのですから、これは狙い通りでしょう

どこまで描写すべきか迷いました...
描写は正確な方がいいとは言いますが、読み手に想像をしてもらう余白のために敢えて途中でやめることも大事です
覗き見していたのかもという部分をいれようとするのは粋じゃないです

ハオニーの深読み
甥ということは、もしかしたら作者様も猫の恋を覗き見した日があったのかもしれない...
純粋さが羨ましくなりました

ほぼ全部言わなくてはダメか、読み手に想像を託した方がいいのか、題材によって異なります
その判断で「迷いました」とおっしゃった北野様ならば、すぐ分かるようになります

読み手の俳句を読む能力まで考察が出来ているのですから、あとは「読み手がここまで想像出来るかできないか」信じることです
読み手の出来ることを信じ、自分の出来ることを信じる
そうすれば、きちんと判断出来ます

添削出来そうな言葉、よく探してもなかったです
「本日」なんてかしこまった言葉も、「猫の恋」というやらしい雰囲気との対比が利いています

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「猫の恋甥は本日十二歳」の批評

回答者 腹井壮

北野きのこさん、こんばんわ。いつもコメントと添削ありがとうございます。この句は猫の恋と12才の男子の絶妙な距離感が一見不要そうな「本日」や「甥」という近親関係の紹介に説得力を与えている気がします。本当に面白い句だと思います。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

猫の恋甥は本日十二歳の批評

回答者 三日酔いの防人

北野きのこ様、おはようございます。
素晴らしい句かと感じました。この時期の猫の奇声には、真昼間からなお盛んですね、なんてシーンが目白押しです。そんなところを歳頃の甥御さんが覗いている。
覗くなどという言葉を使っていないのが、良いですね。私は好きな句です。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

「猫の恋甥は本日十二歳」の批評

回答者 九造里子

北野きのこ様

はじめまして。
丁寧に添削ありがとうございます。
省略できる箇所や5W1Hを意識する点など、大変勉強になりました。
敢えて空白の間をとって写生する作句を目指したい所です。

今後もご指導よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、九造里子さんの俳句の感想を書いてください >>

「猫の恋甥は本日十二歳」の批評

回答者 Beginner

北野きのこさま
添削、アドバイスをいただきありがとうございます。
教育関係に勤めており、3月の企業採用解禁を受けて一斉に学生たちが動き出すので私としては季節感がありますが一般的には感じらないようでご指摘ありがとうございます。また、ご添削いただいた句がぴったりと情景が合います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、Beginnerさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

多摩の流れ名前はいらぬ芝桜

作者名 めい 回答数 : 4

投稿日時:

老犬の背伸ばし歩く春の雷

作者名 豆柴 回答数 : 1

投稿日時:

なつやすみ保健体育の教科書

作者名 塩豆 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『猫の恋甥は本日十二歳』 作者: 北野きのこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ