俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

日を受けて赤い宝石寒苺

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

寒苺に出会いました。甘酸っぱいです。まるで宝石。

最新の添削

「日を受けて赤い宝石寒苺」の批評

回答者 そうり

素一さま
よろしくお願いします。「鉛筆の句」、、、再度鑑賞いただき、句意を理解していただき、大変うれしく、感謝申し上げますとともに、その鑑賞力に敬服いたします。ありがとうございます。
御句、、、素直な読みで、手に取るように情景が膨らみました。「赤い」に賛否が分かれるでしょうが、そこに作者の策略があると私は鑑賞させて頂きました。添削ではありませんが、上五、、例えば「陽に揺れる」等にして、句に動きを入れてみるのも「有り」かと、、、、いかがでしょうか?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「日を受けて赤い宝石寒苺」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます🌞
拙句「豊の秋」へのコメント再びありがとうございます。知らないことは恥ではなくて知ることのできる喜びだと思います♪
揚句について、
素一さんは果物や木の実がお好きですね。以前の柘榴もルビーに例えられてましたし、今度の寒苺は何の宝石でしょうか。苺=赤いので赤いを省いて何か推敲できそうですね。

点数: 2

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「日を受けて赤い宝石寒苺」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

おはようございます😃寒苺、少し調べて見てみました。本当にルビーみたいで赤く光っていますね!子どもの頃東北の野で食べた木苺はもう少しオレンジ色っぽくて綺麗でしたがそれよりも赤が濃くて、一際美しく目を惹く様子が感じられます。
日を受けて、好きです。ゆっくりと実を熟れさせつつ美しい景色を視覚上に浮かび上がらせてくれている陽の光に包まれた可愛らしい苺、ですね😊 「陽」でもいいかもしれないとも思いました。

点数: 2

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

「日を受けて赤い宝石寒苺」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

素一様
よろしくお願いいたします

「秋惜しむ」へのコメントありがとうございます。すでに冬に備えて可愛い服の数々揃えてあります!これからがまた楽しみです。

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

「日を受けて赤い宝石寒苺」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

素一さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

んーちょっとこれは勿体ないポイントが多いように思いました。
一番勿体無いと思ったのが「赤い宝石」という語句です。まさしく赤いのが特徴な寒苺ですから、単に「宝石」と書くだけで読者は赤い宝石を連想してくれるのではないでしょうか。
後は細かい所ですが、「日を受けて」が少し引っかかりました。「陽の差す」などとした方が、寒苺に注ぐ優しい日差しのイメージが立ちませんか?

「陽の差せば8カラットの寒苺」
くらいでどうでしょ。
寒苺はあまり馴染みがないので、重さは適当ですが笑

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬支度出来ずはがいさ夢にみる

作者名 田中喜美子 回答数 : 1

投稿日時:

修行僧細き煙の焚き火かな

作者名 中村あつこ 回答数 : 1

投稿日時:

夕焼けや豆腐ラッパの通り行く

作者名 佐渡 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『日を受けて赤い宝石寒苺』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ