俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

半歩ずつ散歩するひと秋うらら

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

上五と中七で韻を踏んでます。aouu。

最新の添削

「半歩ずつ散歩するひと秋うらら」の批評

回答者 ドキ子

冬帽子の句の添削ありがとうございます。
まだ季語を浅くしか理解していないので、これから学んでいきたいと思います。
中七下五を褒めていただき、とても励みになります。
缶蹴りをぼかしたのは、季語を主役にするためでした。
ぼかす表現は時々しますが、技術が無いので失敗ばかりしています。
今回は成功でした。
添削句はとても勉強になります。
冬の暮や冬の朝の方が、分かりやすいと思いました。
俳句も5W1Hなのですね。ノートにメモします。
もう一方の添削句もとても勉強になります。
鬼無しでも缶蹴りと分かるテクニックに感動しました。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「半歩ずつ散歩するひと秋うらら」の批評

回答者 根津C太

句の評価:
★★★★★

すげぇ、ライムだ。
竹の皮脱ぐまで〜の句を作ったのを思い出しました。

良い句に対してコメントするのと、
批判しやすい句に対してコメントすることでは
後者の方がコメントしやすい。
ただ、後者ばかりだと作者に対して真摯に向き合えていない事になります。
そういうのもあって、最近はコメント返しを怠ってしまっています。
辛いです。

点数: 1

添削のお礼として、根津C太さんの俳句の感想を書いてください >>

「半歩ずつ散歩するひと秋うらら」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
半歩ずつ散歩と季語秋うららのかながマッチングしてとても穏やかな景が浮かんで来ます。「ゆらゆらと散歩するひと秋うらら」意に沿わなかったらごめんなさい。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「半歩ずつ散歩するひと秋うらら」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんばんは
以前のリハビリの句からお母様のことでしょうか? 韻も上手くて柔らかでいいですね。秋うららのひらがなも優しい感じです。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「半歩ずつ散歩するひと秋うらら」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

こんにちは、楓の句のコメントありがとうございます✨大変励みになります!
御句、半歩と散歩が韻を踏んでいてリズム良く、しかも半歩、という様子と秋うらら、の、ゆったりとした感じの完璧な調和、人を平仮名にしたところ、内容も季語も全てが完璧に生きていてもう流石〜✨✨✨!としか言いようがないです。

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

「半歩ずつ散歩するひと秋うらら」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

かこ乃さん、こんにちは。
先程は拙句「冬すずめ」への感想ありがとうございました。

>⚪︎去ぬる(いぬる)一羽寄りたる一羽冬すずめ
>⚪︎去る一羽近づく一羽冬すずめ
>のどちらかの方が良くないですか?

これ実は僕が見た雀を思い出しながら、かなり悩んでいた部分でした。
果たして、あの雀は「行った」のか「去った」のか「離れた」のか「帰った」のか。
そして、この雀は「来た」のか「寄った」のか「近づいた」のか「戻った」のか。
どれも似たような意味じゃんってなるかもしれないけど、どれも微妙に異なるニュアンスを含むんですよ。これが俳句のとっても楽しい所です。
かれこれ一週間くらい悩んだ末に「よしあの雀は去っていったんだ」と思い、そして「この雀は寄ってきたんだ」と思ったんですよね。
これ、コメント欄に書くには鬱陶しいなあと思いつつ、でも喋りたくて仕方なかった事でした。聞いてくれてありがとうございます。

さて、御句読ませて頂きました。
これはいいですね。僕のおばあちゃんがまさに半歩ずつ散歩する人です。たまに一緒に買い物に行ってやるんですが、少し歩いては立ち止まりまた歩いては立ち止まり…たまにやきもきするけど、ゆっくり流れるおばあちゃんとの時間が大好きでした。
今は離れて暮らしているため、たまに電話するくらいですが、御句を読んで久々におばあちゃんの声が聞きたくなりました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「半歩ずつ散歩するひと秋うらら」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

かこ乃様
よろしくお願いいたします

「秋の晴れ」へのコメントありがとうございます。思った以上に皆さんから「ぺたん」への共感をいただけて嬉しいです。本当に可愛らしくおしりをつけるのですよね。
大きくなったらいくつか育児句を見せてあげるかもです。

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

「半歩ずつ散歩するひと秋うらら」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
拙句茶の花はかこ乃様のおっしゃる通りです。ありがとうございました。
又杜鵑草の句にコメントありがとうございます。杜鵑草上品な花です。禍々しい事はございません。一~三輪挿せばとても趣があります。お墓に供花したりする時は花鋏では面倒で鎌でまとめ切り。土質が合っているのでしょう。隣の休耕田まで出張しています。吾亦紅と杜鵑草がしこり過ぎて後片づけが大変ですが好きな秋の花です。今年はもう間に合わないかもしれませんが山野草としてお花屋さんで探してみてください。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「半歩ずつ散歩するひと秋うらら」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます😃
拙句「豊の秋」への添削句ありがとうございます。私の句とは趣の違った句で、さらに韻を踏んでおられるというありがたい句で恐縮です。大事にしたいと思います。ありがとうございました😊

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「半歩ずつ散歩するひと秋うらら」の批評

回答者 根津C太

句の評価:
★★★★★

このサイトの利用者にはだいたい二種類居るんじゃないかという仮説です。
夏井先生を見て始めた人と、そうでない人です。
目新しい表現をしたい派と、見たままの物を率直かつ素朴に表現したい派です。
ベースが違うので双方の価値観がぶつかりやすいです。
この二派が居るらしい、と言う認識を最近は持つようにしました。

点数: 1

添削のお礼として、根津C太さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

モンローの深きスリット秋深む

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

蚯蚓鳴く杖突く老の傘の無し

作者名 しゅうこう 回答数 : 2

投稿日時:

風光る犬の背躍る散歩道

作者名 本吉淑子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『半歩ずつ散歩するひと秋うらら』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ