俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

新海苔を噛めば吐息も潮となり

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

新海苔いただきました

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「新海苔を噛めば吐息も潮となり」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは(*^^*)
海苔は春の季語、新海苔は冬の季語なのですね。
この句は一物仕立てでしょうか。
一物仕立ては難しいと言われていますね。素敵な句だと思います。ただ「も」が気になります。
「は」にしてはどうでしょうか❔

新海苔を噛めば吐息は潮となり

「も」を使うのには慎重なかぬまっこです。m(_ _)m

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「新海苔を噛めば吐息も潮となり」の批評

回答者 素一

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
拙句後の月にコメントと添削句ありがとうございました。寝転んで窓越しにお月見。
起きてそのまま。まあ推敲しても変わり映えはしなかったと思います。
御句ですがもう新海苔の季節になったのですね。句全体から新海苔香がこちら迄漂って来ます。こちらは新海苔は年開けてからです。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「新海苔を噛めば吐息も潮となり」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

こんばんは!御句読んだだけで既に新海苔の香りを感じています☺️潮となり、凄くいいですね✨!バリッ!という音も聞こえてきます😊

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

「新海苔を噛めば吐息も潮となり」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

鳥越さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

ポストの奴だ…いいなあ。僕はお題から俳句を考えるのがとっても苦手ですので、ぽんぽーんと出てくるのは羨ましいです。

「噛めば」が少しだけ気になりました。「吐息も潮となる新海苔」これだけで新海苔を食べているのは明白ですので、敢えて「噛めば」を出す必要性は薄く感じました。
「食べる」ではなく「噛む」という動詞にこの句の妙があるのかなあとも考えたのですが、んーという感じ。

人様の句への添削案で好き放題するのも考え物ですが、

新海苔や吐息も潮となりにけり

「美味い新海苔だなあ、吐息まで潮になってしまったなあ」というニュアンスで、敢えて二重切れ字で仕立ててみても面白いんじゃないかなと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

きららなし村を出でゆく春の川

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

蝶々や季語無き花に止まらぬか

作者名 鳥越暁 回答数 : 6

投稿日時:

日を浴びて包丁研ぐや初夏の風

作者名 素一 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『新海苔を噛めば吐息も潮となり』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ