俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

筆入れの痩せた消しゴム秋深し

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

五年ぐらい使っているでしょうか、、、。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「筆入れの痩せた消しゴム秋深し」の批評

回答者 ささゆみ

句の評価:
★★★★★

そうりさん、こんにちは。
梨の句のコメントありがとうございました。
「かじる」(また、漢字が出てこない。)のは、皮ごと食べるイメージがあったので、ちょっと思いつきませんでした。
では、ここで実際にあった我が家の出来事を一句。
 梨かじりうぐうぐしたる童かな
大好き過ぎて口一杯頬張り過ぎて苦戦してました。

御句ですが、かなり年期の入ったものなのですね。
愛着を持って、大事に使い込んだ消ゴムへの深い思いと共に、季語がしみじみ隣合っているのだなぁ、と思いました。
また、ご意見お願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ささゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

「筆入れの痩せた消しゴム秋深し」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんばんは
拙句「白球」へのご感想ありがとうございます😊
拙句は(置きて)の文法上の間違いです。
句意はご推察の通りでした。読み取っていただきありがとうございます😊
揚句について、
文房具シリーズいいですね🎵
身近であり、学生の頃から慣れ親しんでいる材料で共感いたします。少しづつ小さくなった消しゴムにしみじみと秋を感じたのでしょう。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「筆入れの痩せた消しゴム秋深し」の批評

回答者 素一

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
お久しぶりです。拙句大根の句にコメントありがとうございます。そうですね。五音で工夫する余地ありそうですね。朝日射すとか老父をりとか考えてみます。
御句ですが擬人化するよりもそのまま「減りし」なんてどうでしょうか?意に沿わなかったらごめんなさい。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「筆入れの痩せた消しゴム秋深し」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

こんにちは、秋桜の添削ありがとうございます😃実は、句では曖昧にしましたがいい大人の私達が遊んでる影でした。大人もついつい童心に帰れる秋桜畑でした。
揚句、消しゴムが小さくなる=沢山勉強をした証拠=結果、実り、充実、、のような豊かな感じが秋深しと結びついていると思います☺️ 痩せた、書くと少しだけその豊かな感じが痩せ細る気がするので、中七を、体言ならちびた消しゴム、用言なら消しゴム痩せて、などにしても良いのかな、という気がしています。

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

「筆入れの痩せた消しゴム秋深し」の批評

回答者 素一

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
後の月にコメントと添削句ありがとうございました。確かに中七曖昧過ぎます。少しは推敲すべきだったと反省しています。考えてみましたが「玻璃の向こうに」なんてしてみました。
御句ですが減りしでも良いのではと申しましたが、やはり「痩せた」の方がしっくりきますので訂正させていただきます。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

我が手より糸垂らしたる子蜘蛛かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

萩色の裾の捌きや秋涼し

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

張り替へしギターの弦や大晦日

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『筆入れの痩せた消しゴム秋深し』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ