俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雨上がり金木犀を踏んでゆく

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雨で散った綺麗な金木犀でも、あまりにも広範囲に散っているので避けることが出来ない、

最新の添削

「雨上がり金木犀を踏んでゆく」の批評

回答者 いなだはまち

かこ乃さん
「冬用意」へのご批評と添削案ありがとうございます。
百日案、ありがたく頂戴いたします。

私の場合、「俳句は韻律重視」・・読んで気持ち良いリズムが俳句の命と考えていますので、あのような添削案になります。
今後も「特別な何か」が無い限り、傾向は変わらないと思います。 笑

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雨上がり金木犀を踏んでゆく」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

かこ乃さん
おはようございます。
御句、淡々とゆったりとした句調、かこ乃さんの持ち味かと存じます。
私の場合、性格上こんな感じになりますでしょうか。
「木犀の香を踏みゆかむ雨上がり」
不如帰の句、信長・秀吉・家康の性格を比べるとき例としてあげられますね。
比べること自体おこがましい限りですが、、。笑

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「雨上がり金木犀を踏んでゆく」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

かこ乃様 こんにちは😃金木犀を踏んでいく、オレンジ色の小さな花いっぱいに地面を彩る、秋の幸福感溢れる、香りも漂ってくる素敵な句で一目惚れでした。

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

「雨上がり金木犀を踏んでゆく」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
しっとりとした句ですね。私は好きです。
雨に濡れて乾いていない地は黒っぽく、そこに金木犀の落ち着いた金黄色が映えます。踏んで行かざるを得ないほど散ったのだと量も感じられて、映像がよく伝わりました。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「雨上がり金木犀を踏んでゆく」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

かこ乃さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

あーこれは良いですね。
見たまんま、感じたまんまを飾らない言葉で詠む。僕なんか何かにつけて気取った言葉を使いたがるから、こういう句を詠めるのは素直に羨ましいです。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「雨上がり金木犀を踏んでゆく」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんばんは
拙句「樹木医」への添削句ありがとうございます😊最後に大銀杏を持ってくることしか頭にありませんでした。嬉しいご指摘ありがとうございます😊

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

無月なり月見だんごの影のなく

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

野の花よ青き可憐ないぬふぐり

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

時超えて帰り咲きたる大賀蓮

作者名 緋夢灯 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雨上がり金木犀を踏んでゆく』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ