俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

祖国の地如何に踏ませむ秋桜

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

変な夢を見た!

最新の添削

「祖国の地如何に踏ませむ秋桜」の批評

回答者 鳥越暁

おはようございます😃
拙句「ポケット」の助詞についてのご考察ありがとうございます。みなさん、「に」のご意見のようですね。その中で「の」について言及いただいたのはいなださんだけでした。それだけでもありがたく思います。に、の方がすんなりと受け入れられそうですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「祖国の地如何に踏ませむ秋桜」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
拙句「案山子」へのご質問ありがとうございます。端的に申せば、案山子の擬人化ですので「をり」としました。
本来、案山子の数え方は一体、二体と数えますが、私は「人」とし擬人化を。
案山子は結構な数の擬人化された句があります。
擬人化の理由ですが、個性的で様々な衣装を着た案山子だったからですね。

揚句について、
人が流出している街でしょうか。人を呼び込む、又はつなぎ止めるために色々と試行錯誤されている様子と読みました。そこに秋桜で、単に季語としてではなく、秋桜の栽培もそのような運動に一役かっているのかもしれないと。
感想を述べさせていただきました。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「祖国の地如何に踏ませむ秋桜」の批評

回答者 えこ

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様。
「新米」の添削ありがとうございました。
中七は、随分悩みました。
辞書を見ましたら、「賜る」は与えるの尊敬語ともらうの謙譲語の二つの意味があると出ていますが、拙句の使い方はおかしいでしょうか?
私も自信はありません。

点数: 1

添削のお礼として、えこさんの俳句の感想を書いてください >>

「祖国の地如何に踏ませむ秋桜」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

はまちさん
よろしくお願いします。「事故現場の句」鑑賞、句評、添削有難うございます。お察しの通り実景で、バイク事故現場です。情景は、花束、缶コーヒー等々賑やかに置かれておりました。句意は、一瞬、亡霊が立っていて花束を抱いているような、、、事故現場ががまるで花束を抱いているような、、、との思いを詠みました。「揺れる花束」「バイク事故」とも入れて捻りもしましたが、詩的にも、しっくりせず、「季語」と「事故現場に抱かれる花束」、、、との表現で読者に託しました。交通事故現場、バイク事故現場、、、等入れると説明的になり、字数もあり、「秋時雨」「花束」「事故のあった場所」の組み立てで、もの悲しさを「事故現場を花束が抱く」という独自表現で詠みました。感想も読者其々で難しいものです。
御句、、拉致被害者、抑留孤児、移民、、、祖国に帰れない方々を、外来種で根付いているものの、弱い風にも揺れてしまう「秋桜」に託した、、、と読みました。トンチンカンでしたらご容赦を下さい。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「祖国の地如何に踏ませむ秋桜」の批評

回答者 えこ

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様。
わざわざお調べくださり、ありがとうございました。
賜いしは少し問題がありそうなということですね。
ただ母がくれたのは靴や本ではなく、夫婦箸だったことに感動いたしまして、母の気持ちのこもった有難いものとして賜うを使ったのです。

点数: 1

添削のお礼として、えこさんの俳句の感想を書いてください >>

「祖国の地如何に踏ませむ秋桜」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

いなだはまちさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

パッと見句意の分かりづらい句でした。ですが何回か通して読むと、作者の言いたい事が少し分かったような。
最近は街に出れば外国人を見ない日はありません。コンビニのレジ打ち、居酒屋のホール、至る所に外国人の働く姿があります。
少子高齢化の日本、そうした労働力に頼らざるを得ない状況に、何も出来ず歯噛みしている。そんな読み手の姿が想像出来ました。
祖国を想う気持ちを、あえて外来種である秋桜に託した。この下五は読み手への挑戦状のようだなと。
秋桜と外国人を重ねて、いつか彼らも秋桜のように日本に欠かせない存在になるだろう…そうした作者の諦観を感じました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「祖国の地如何に踏ませむ秋桜」の批評

回答者 えこ

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様。
うれしい!句が完成形になって!
最後まで考え抜いていただいた、いなだはまち様のおかげです。
大変感謝しております。
また賜ばるという言葉を知り、また一つ勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、えこさんの俳句の感想を書いてください >>

「祖国の地如何に踏ませむ秋桜」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様 夜寒の句の添削句、ありがとうございます。「探せぬ」まさにこの言葉を探しておりました。
句作当初、言葉も探せぬ…字余りだなぁなどと考え「も」を取り払えばいい事すら気づいていませんでした。句が完成しました。感謝しています。
御句、コスモスの花に海外から来ている人を観る、素敵だと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

金魚きんぎよマスカラうまく乗りました

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

秋の夜お酒に酔った吾恥じる

作者名 翔子 回答数 : 9

投稿日時:

蜥蜴見て区別がつかぬイモリかな

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『祖国の地如何に踏ませむ秋桜』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ