俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

もう鳴かぬちちろや友の鎮魂歌

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この前死後硬直のコオロギと遭遇しました。そんな中でも絶えず聞こえてくるコオロギの鳴き声が、なんか寂しいなあというのを詠みました。
沖縄にもコオロギっているんですが、本州に住む種よりだいぶデカいらしく。暗い中で見るとよくゴキブリと間違えます。

最新の添削

「もう鳴かぬちちろや友の鎮魂歌」の批評

回答者 えこ

秋沙美洋さま。
「新米」のご感想ありがとうございました。
こんなに褒めて頂けるとは思っていませんでした。
俳句を詠まない家族の反応は普通でしたので・・・。
とっても嬉しいです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、えこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「もう鳴かぬちちろや友の鎮魂歌」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんばんは
鳴かないのなら鎮魂歌は歌えないのでは?と思い、よく考えてみて、鳴かないちちろに歌えと促しているのだろうと考えました。
違ったのですね。歌わないちちろの他に歌っているちちろもいたということですね。
素直に句意が伝わるか難しいかもですね。

点数: 2

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「もう鳴かぬちちろや友の鎮魂歌」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

秋沙美 洋さま
よろしくお願いします。「熱燗」鑑賞いただき、また、丁寧な句評有難うございました。御句、、、寂しさ、もの悲しさが伝わってきます。助詞を「友へ」とするのも有りか、、、、と感じましたが如何でしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「もう鳴かぬちちろや友の鎮魂歌」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

横入りごめんなさい。🙇‍♀️
消えぬ=消え(消ゆの連用形)+ぬ(完了のぬ)
ではないでしょうか?
有名な、「夏は来ぬ」という言葉があるでしょう。これは夏が来ないという意味ではなく、夏が来た、今も夏であるという今は日本語では使われなくなった、英語ではよく使う現在完了形(Spring has come)ではないでしょうか?春の方がよく聞くのでここは春で‥。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「もう鳴かぬちちろや友の鎮魂歌」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

秋沙美 洋さま こんばんは、いつも添削ありがとうございます。また、色々な方の句への添削が凄く為になるので勉強させていただいています。😊御句、状況がすぐに浮かび、また、命の儚さ、侘び寂びが少しユーモラス描かれていて、コオロギが愛おしく思えてきます。

点数: 0

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

「もう鳴かぬちちろや友の鎮魂歌」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

秋沙美 洋さん
俳句は、「季語を立てる」「季語に託す」「季語の力を借りる」「季語w使いこなす」
文学ですので、「もう鳴かぬちちろ」ですとちちろが立ちません。
「残る虫」という季語もありますので、検討してみては如何でしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の田やキーキーふぉるてしもの恋

作者名 こま爺 回答数 : 6

投稿日時:

球春や言われた場所でベスト出す

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

楓みる古い日記を聞きながら

作者名 優子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『もう鳴かぬちちろや友の鎮魂歌』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ