俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

廃校のベンチの骨に降る銀杏

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

某組長の倶楽部のお題で一句詠みました。
ほうほう投句するには有料会員にならないといけないのか…………さてもう少し様子見しとこか、という謙虚な性格(ケチともいう)が出てしまいました。
とはいえせっかく作った句ですので、こちらにて供養させて下さいませ。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

古校舎骨のベンチに舞う銀杏

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

秋沙美 洋様
何処か切なさ、虚しさを感じる句ですね。でも降る銀杏の描写が、美しいと感じました。景が浮かんできます。私の中、高時代の学校の銀杏並木も浮かび、懐かしさも感じました。銀杏は他にもいろいろな景が浮かびます。孫が赤ちゃんの時に、姉と三人で行った広い公園も想い出されました。孫が可愛すぎて何枚も写メを撮り、(私は孫馬鹿です💦🍂)ラインの待受にした事が有ります。私事ばかりをすみません💦話が膨らみ過ぎました。これからもどうぞ宜しくお願い致します☺️手直し句、何処か違うような…💦すみません💦

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「廃校のベンチの骨に降る銀杏」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

はじめまして、月見酒の句に関するメッセージありがとうございます。
この句ですが、場所が明確で「降る銀杏」でシーンがすぐに浮かびました。
すみませんがいくつか質問があります。
まず、この下五は「ふるいちょう」で575なんですか?それとも「ふるぎんなん」の576の字余りですか?漢字から2通りの読み方が出来るのでどっちかなと思いました。
次に中7の「骨」ですが、私的には「足」と書いた方が良いかな?と思いましたが、どうでしょうか?
あと、月見酒の句に関してですが、
上五に「コロナ下で」や「ウィズコロナ」とかどうでしょうか?
立て続けに申し訳ありません。
実は月に関する句を私はあと2句投句してますので、そちらに関しての意見または感想をお願い出来ないでしょうか?よろしくお願い致します。
2句の上五はそれぞれ「海底ツモ」と「夜光る」です。

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

「廃校のベンチの骨に降る銀杏」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

秋沙美 洋さん こんにちは、白鷺の添削ありがとうございます🕊! 仰る通り本当は鷺を前面に出したかったです!、、シギの仲間のイソシギ、など秋の鳥に勝手に変えてしまうのも容姿や雰囲気が違い過ぎるし悩んでいた所です。
降る銀杏の句、移ろいゆくもののあはれを感じさせますね…。
こちらも滅びの美を描いた句ですね。なんとも言えない趣があり情景がありありと浮かびます。
「廃」の字と「骨」という字が同時に出てくると怖がりな私は一瞬ぎょっとしてしまいましたが。もうほんの少し怖くない表現の方が伝わるのか、、なにぶん初心者なのでよく分からないのですみません💦

点数: 0

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

廃校のベンチの板に舞う銀杏

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

秋沙美洋 様
「愛でられて~」の句に御批評有難うございます。
初学者ですが、この句ができたときは自分で悦に入ってしまい、何度も口ずさんで涙を流すほどでした(笑)
しかし人が読めば、拙く、気取ったところのある句かもしれませんね。具体的な描写が欲しい、というのはその通りかと思います。ただ、自分のなかではすでに出来上がってしまった句でして、人の感想を聞いてみたかっただけです(笑)
さて、[廃校の~」の句ですが…
廃校~ベンチ~銀杏…といいと思います。ただ、「骨」にはぎくりとしました。
単純に「板」でもいいのでは…
「廃校」だけで色も姿もわかると思います。
俳句歴10か月の素人ですが、偉そういってごめんなさいね。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「廃校のベンチの骨に降る銀杏」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

秋沙美 洋さま

おウチde俳句クラブ、月額770円はいかがなものかと思いますが、流れで入会してしまい、痛い出費をいたしました。笑
私は、現在8句出しています。
一兼題十句を基本に投稿しておりますので、あと二句は捻り出したいところです。

さて、御句ですが、やや設定に凝りすぎの感じがいたしました。
理由は「骨に」です。
作者の拘りや工夫かと存じますが、一物仕立の句ではありませんので。
「廃校のベンチ〇〇〇〇銀杏かな」
4音、助詞+状況が分かる言葉(動詞?)
イメージは優しく時間が流れていくような言葉選びかと存じます。
あくまで、個人の感想ですので、ご容赦ください。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

古傷のビスに宿りし余寒かな

作者名 めでかや 回答数 : 5

投稿日時:

猫の手を握りに帰りたき五日

作者名 イサク 回答数 : 8

投稿日時:

君の髪に桜だけど教えない

作者名 なおじい 回答数 : 13

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『廃校のベンチの骨に降る銀杏』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ