俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

題詠の赤き苺をひとつずつ

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

食べてしまいました。

最新の添削

「題詠の赤き苺をひとつずつ」の批評

回答者 竜子

あらちゃん様 こんにちは
お世話になります。
拙句の狂言師のコメントありがとうございます。
やはり季語の比喩はよくなかったですね。
ご提案ありがとうございます。
勉強になります。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「題詠の赤き苺をひとつずつ」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の狂言のコメントありがとうございます。
なかなか近くを散歩するだけですので、テレビの紀行ものを見て詠むことあります。
テレビ吟行でしょうか。
添削いただきありがとうございます。
勉強になりました。
御句
お題が苺ですか?
ひとつ詠んでひとつ食べる10個あれば10句できますね。
このままいただきます。
追伸
俳句年鑑(2024年版)図書館に予約しました。
ありがとうございます。
またよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「題詠の赤き苺をひとつずつ」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様
再訪です。
ボーイングは確かに誤読を誘いますね。
楽弓(がっきゅう)という言葉がありました。
楽弓の揃ふワルツや夏の宵
これならわかると思います。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏立や防音壁に集う鳩

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

日傘提げ和洋漂う港街

作者名 ジャマイカ丼 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

木枯らしに身を低くして逆らわず

作者名 大浦美津子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『題詠の赤き苺をひとつずつ』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ