俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

うめぼしの髄のやはらか秋渇き

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ごめんなさい!うめぼしのリベンジだけさしてください。

最新の添削

「うめぼしの髄のやはらか秋渇き」の批評

回答者 そうり

いなだはまち様
こんにちわ。まずはご報告、、、「伊藤園」玉砕しました。長丁場でしたので、、ショックもそれなりに、、、、。気を取り直します。
貴句、、、中七に独自の視点、、、。「梅干し」のかな標記がポイントでせうか?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「うめぼしの髄のやはらか秋渇き」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんばんは(*^^*)
毎年、梅干を漬けるかぬまっこです。
梅干は夏の季語 でもこの句の主な季語は秋渇きですね。
髄ということは梅干の種を割った景色でしょうか❔
秋渇きの季語との取り合わせはどうなのか、取り合わせの句は苦手なかぬまっこには分かりません。m(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「うめぼしの髄のやはらか秋渇き」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

いなだはまちさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

梅干しを食べ終わった後は種を噛み砕いて中の部分をチューチューするのが好きです。甘くて美味しいんですよねーアレ。
梅干しの種まで食べちゃうくらい秋ってお腹空くよねー、というあるあるを上手く描写した句だと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「うめぼしの髄のやはらか秋渇き」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

小鳥来るの句にコメントありがとうございます。
「やさしき時」とはどんな時なのか映像にすることですよね。
ありがとうございました。
m(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「うめぼしの髄のやはらか秋渇き」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

唐辛子の句にコメントありがとうございます。
季語の説明になりがちですね。
しかしながら、夏井先生の選は、なぞなぞのように読み解くような句が多く、正直苦手です。
私は分かりやすく共感できる句が好きです。

一瞬にしてみな遺品雲の峰

佐渡ヶ島ほどに布団を離しけり

いきいきと死んでゐるなり水中花

南風吹くカレーライスに海と陸

櫂未知子先生の句
好きです💝

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の雨青い車の水しぶき

作者名 シゲ 回答数 : 0

投稿日時:

トンネルの奥の若葉の迫りけり

作者名 やす 回答数 : 0

投稿日時:

高原を飛ぶも鳥なく秋の空

作者名 これさん 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『うめぼしの髄のやはらか秋渇き』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ