俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

心太生きて器へ放たれり

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

天突きで突かれた、心太の一瞬を切り取りましたが、、、、。

最新の添削

「心太生きて器へ放たれり」の批評

回答者 かこ

密の句の添削ありがとうございました。
気に入りました。😃
引越しでバタバタしていて句が出来ませんでした。俳句はゆったりした気持ちが必要だと発見した次第です。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「心太生きて器へ放たれり」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

そうり様
お世話様です。

紫陽花の句、
沢山のご指摘、ありがとうございます。
まだ、物足りないですので、助詞、切れ、措辞などにも、ご指摘並びに解説いただけますと、嬉しく存じます。🙇

点数: 3

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「心太生きて器へ放たれり」の批評

回答者 胡 秋興

句の評価:
★★★★★

そうり様
こんばんは
「皐月闇」の練習俳句をご指導ご添削していただきまして、心から感謝致します!
写生の描写は不足がいろいろあって、練習不足こそです。ご添削した「街の灯に横なぐる雨皐月闇」のようなら、よくなると思います。これからご指導していただきまして、もっと頑張ります。今日のご批判をいただき、ありがとうございました。

点数: 2

添削のお礼として、胡 秋興さんの俳句の感想を書いてください >>

「心太生きて器へ放たれり」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

そうり様
お世話様です。

いいですね~!
もう、そんな季節なんですね。
からしをちょいとつけてと。
急に食べたくなってしまいました!😁

これは擬人化ですよね?
また、違う!と突っ込みが入るかな?

まるで、生きているように器に放たれなのですから、「生きて」はど直球かな?

いろんなパターンで行けそうな、育て甲斐がある句かと存じます。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

放たれし器におどる心太

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

そうり様
お世話様です。

助詞「へ」を「に」にしてみました。
元句の「へ」との違いは、説明するまでもないかと存じます。🙇

あっ!添削ではありません。😅

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

飯店の提灯揺する黄雀風

回答者 孫春艶

句の評価:
★★★★★

そうり様
お世話になリます。
まず、御添削、誠にありがとうございました。
飯店は中華料理店でホテル宿泊機能なしの料理店です。店の店頭に提灯沢山掛けられて風に揺られる場面を詠みたかったです。風の種類いろいろ勉強になりました。感謝のいたりです。

指摘事項: 字余り

点数: 1

添削のお礼として、孫春艶さんの俳句の感想を書いてください >>

「心太生きて器へ放たれり」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

そうり様
お世話様です。

俳句に必要なもの、携帯電話だけです。

歳時記など、アプリやショートカットを登録してあります。30個ほどでしょうか。
風、花、雨、雪、、季節ごとに。
必要に応じて検索してます。

歳時記は、まだまだ初心者に毛が生えた程度ですので、ダウンロードしたものを何個か保存しておけば十分です。

俳句も、新規メールにお題別に保存してあります。
プレバトの添削後の句も、同様に保存するクセをつけています。
たま~に見返してます。

お題に対しては、クグ れば例句を沢山ひっぱれますので、まず先人の句を確認してイメージを養っています。

携帯電話だけです!あとは頭ですね。😁

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

銀髪の主は卒寿萩こぼる

作者名 田中喜美子 回答数 : 2

投稿日時:

ビニールの傘の下より見上ぐ梅雨

作者名 卓鐘 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

春昼や薄日差し込む病室へ

作者名 ふり 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『心太生きて器へ放たれり』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ