俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ただいまとお帰りのあり燕の巣

作者 宮武桜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

人は単身世帯が増えてしまったなあという理屈っぽい句です。

最新の添削

「ただいまとお帰りのあり燕の巣」の批評

回答者 素一

葱坊主様こんにちは!
燕一日で巣作りをしました。玄関の端っこです。作りやすいのか知れませんが、どうも手抜き工事の様です。又、卵から孵化したら重みで落ちそうな感じです。まだ卵を産む気配は感じられません。自然は豊かですが、見慣れた光景で句の材題となる新鮮さを持ち合わせていません。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ただいまとお帰りのあり燕の巣」の批評

回答者 素一

葱坊主様おはようございます。
単身赴任者の句ですか?それでも、普通の家庭でも見かける事の出来る句に思えます。
単身赴任の場合は一軒家が少ないので、ツバメの巣はマンションには作りにくい確率が高いのですが…。しかしながら出迎えが燕の巣は単身赴任者向けですね。

点数: 2

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「ただいまとお帰りのあり燕の巣」の批評

回答者 まちる

遠足の朝へのコメントありがとうございます。
句またがりの是非!てやつですね。
雨模様と卵焼くの繋がりの無さそうな事を並べてからの遠足の朝で両方受け止めるプロットを考えて17音にまとめると句またがりになっちゃいました(笑)

点数: 2

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

「ただいまとお帰りのあり燕の巣」の批評

回答者 素一

葱坊主様こんばんは!
ありがとうございます。どうしても三段切れが分からなくなるのです。
切れを入れたら三段切れにはならないのかと考えていました。
石畳に「に」を入れれば三段切れにならない事は分かっているのですが…。
お騒がせしてすみません。ご迷惑おかけして申し訳ありません。

点数: 2

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「ただいまとお帰りのあり燕の巣」の批評

回答者 まちる

鳥の巣へ添削ありがとうございます。
兼題「鳥の巣」スタートで作ってたので巣を省略でスッキリするのは盲点でした(笑)
正直、描写しようとしてたものとは違う形になりましたが「つばくらめ、、」は、句としてすごく良くなりました!ありがとうございます。

点数: 2

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

「ただいまとお帰りのあり燕の巣」の批評

回答者 幸福来々

闇鍋の句のコメントありがとうございます。

普通に照れましたw
ありがとうございます!

それはさておき、この句は私の実家をすごく思い出させてくれました。
毎年かならず実家の玄関に燕が巣を作ってたんですよ。
実家のあの玄関思い出してしまいました。

あの燕の雛たちも「ただいまとおかえり」を言ってたんでしょうね。

点数: 2

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

「ただいまとお帰りのあり燕の巣」の批評

回答者 素一

葱坊主様ごめんなさい。コメント間違っていました。
銀杏は胃腸です。胃腸に良く効く温泉としての湯治客でした。
朝のうちにと慌てて打ちそこない読み返しをしませんでした。
注意力散漫です。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「ただいまとお帰りのあり燕の巣」の批評

回答者 素一

葱坊主様お昼休みにちょっと失礼します。
石畳稚児行列の献湯祭又は
石畳稚児行列や献湯祭こうした場合は三段切れになるのですかね。
綺麗な石畳の坂道ですが坂を入れる事が出来ませんでした。
お願いします。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「ただいまとお帰りのあり燕の巣」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
拙句「金襴・・・」へのコメント御礼。お褒めいただき嬉しいです。蘭の字、変換ミスです。お恥ずかしい。

揚句について
私は二つの読み方をしました。ツバメに「ただいま」と語りかける日常的な景色がひとつ。もう一つは、毎年同じところに巣を造るツバメが今年もやって来たという意味で「ただいま」と「お帰り」と。
簡素な言葉で結構深いなと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「ただいまとお帰りのあり燕の巣」の批評

回答者 素一

葱坊主様こんばんは!千日草です。
いつも暖かいお言葉感謝です。
揚句にはコメントさせていただきましたので省略させていただきます。
百姓仕事か植物中心になる句ばかりです。
青麦の穂が出た時が心も真っ直ぐになります。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬菊の溜息漏れる夜更かな

作者名 めい 回答数 : 0

投稿日時:

稲穂揺れて焼け野原に立つ刀禰の影

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

鎌倉の路地や猫に新茶の香に

作者名 ワイス 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ただいまとお帰りのあり燕の巣』 作者: 宮武桜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ