俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水温む三十八度線あたり

作者 ハオニー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

投句はひさしぶりです
普段は自分の俳句ではあまり悩まないのですが、今回は大胆さの是非に悩んでいます

句の説明はしません
説明すればするほど、私の句は鮮度を損なうことが分かりましたから

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 いなだはまち

お世話になります。
二度コメントくださっていたのを気づかず返信いたしたした。
八月十五日を使わない件、承知いたしました。憂国=三島を想起しますので、、。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 和光

こんばんは。かなり久しぶりですね。お元気でしたか?意見交換の場なのでなんでもしましょう。又変わった妖怪が出たみたいだけど「糞」を使うのは限定されますね☺さて、「にも」ですが難しいのは知っています。使った理由は「ラーメンにまでつかうのか」の驚きの意味で使いました。なので季語トマトよりラーメンのスープの方に比重が有るかも知れません。ハオニーさんの句は季語トマトに比重が有るので理論的には成功だと思います。後は理論の整合性は町角で通行人に聞いてみないと分からないですね。原価に関しては色形の市場に出せ無いのを仕入れてるのでしょう。昔は原価率三割位だけど今は差別化で四割近いそうです。このような話は妖怪とはできないので又しましょう🌅

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 いなだはまち

お世話様です。
お忙しい中、ご丁寧にありがとうございました。
軸ですね。
また、なかなか「石は」とは詠めないですので、なるほどと思いました。
鑑賞眼もまだまだですが、先人の句を読む際、なぜそう詠んだのかをじっくり考え、作句に活かせればと思います。

合点いたしました。
宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 たけたけ

ハオニー様
こんばんは✨
なんとかなんとか元気を保っている竹内です(*^-^)

こちらの句は、深い…深そうです。
ハオニー様が浅い句を詠まれることはないので、とても深いのだと思います。

具体的な数字で38度…。
お湯の温度にするとたしかに温く感じますが、「38度線」と書かれているので「北緯38度線」が浮かびました。
そう考えると、不穏な空気を感じます…。
でも、水にするとたしかに「温い」温度ですね。

解説なしですし、読み手の読む力にかかっているのかなと思いましたが、私の小さい脳ミソでは…力不足のようです😖💦
でも、あれこれ考えるのもまた気分転換になって、楽しいですね😺

点数: 0

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 世良日守

ハオニー様
世良です😊いつもコメントありがとうございます!
三段切れでしたね...気付きませんでした😢トホホ修行仕直しです😆
掲句はすっきりとした句ですね!素晴らしい😊

点数: 0

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 素一

ハオニー様ご指摘の通りです。ノートには刈にしています。注意力中途半端です。
ありがとうございました。ハオニー様達の先達にただただ恐縮するのみです。

点数: 0

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 素一

ハオニー様いつも懇切丁寧な添削指導ありがとうございます。駄句駄句駄句ばかりしています。集中力のなさが依然として続きます。中八を見逃したりとんでもない失敗の繰り返しにご指摘を受けながらも同じこと。それでもコメントいただける事に深く感謝申し上げます。頑張ります!

点数: 0

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 世良日守

ハオニー様
世良です😊いつもお世話になっております。
囀りの句のコメントありがとうございました。
DNAは何故か句の欄に入力出来なかったので、遺伝子は苦肉の策でした😆

点数: 0

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

あめんぼの影うつりけり池の底

作者名 ちゃあき 回答数 : 6

投稿日時:

帰省子の好み満載献立表

作者名 中村あつこ 回答数 : 5

投稿日時:

絵屏風や七代前は蝋燭屋

作者名 マサト 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水温む三十八度線あたり』 作者: ハオニー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ