俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

節分の夜の革靴の軽きかな

作者 三日酔いの防人  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様、今晩は。お題の節分で詠ませて頂きました。
会社帰りの父親の様子です。今から鬼役をやるのでしょう。心なしか足取りも軽くなっています。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「節分の夜の革靴の軽きかな」の批評

回答者 北あかり

酔いどれ防人さん
こんばんは、北あかりです。
添削ありがとうございます。
太平洋炭鉱は父の職場でもありました。
釧路に暮らす人や、釧路に所縁のある人でもなければコールマインの存続などご存知の方は少なくと思います。
鉱夫を採炭場まで乗せる「人車」は父の口から時折聞いて覚えていた言葉です。
ヤマが動き、そこで働く人も戻ったことを表現したかったのですが、詰め込み過ぎたと反省しています。
添削いただいた「コールマイン」の固有名詞をストレートに使うことで、すっきりしますね。
私はこの「固有名詞」を使った俳句
まだ使ったことがなく、大変に参考になりました。
ありがとうございました。
さて、掲句ですが、「節分」と「夜の革靴」で家路を急ぐサラリーマンのお父さんが伝わる句ですね。家で待つ小さな子供まで想像できます。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の夜の革靴の軽きかな」の批評

回答者 塩豆

お久しぶりです!塩豆です。
読み手にある程度の情報を託しつつも情景がよく見えました。最後の「かな」も非常に有効に感じました。
ただ、季語が若干動くと思いました。「節分」だけでなく、他のイベントでも当てはまってしまう気がしました。
やはり季語が動くという問題は難しいです、、相変わらず私も苦労しております。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

節分の家路をかろき靴の音

回答者 みそまめ

はじめまして、みそまめと申します。あなた様の句は、情景も良く見え、音の響きも良くて、素敵な句だと思います。私が同じ内容の句を詠むとしたら、かろき靴の音 または 弾む靴の音 の様な少し拙い表現になります。勉強させて頂きました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、みそまめさんの俳句の感想を書いてください >>

節分の夜の革靴の軽きかな

回答者 みそまめ

酔いどれ防人様、みそまめです。先ほどは、書き込みの仕方を間違えた様で、おかしな表記がでてしまい申し訳ありません。まだ機械?ネットに慣れてなくて失敗ばかりしています。お許しください。

点数: 1

添削のお礼として、みそまめさんの俳句の感想を書いてください >>

節分の夜の革靴の軽きかな

回答者 西山ゆり

夜分に失礼します。
酔いどれ防人さん、コメントありがとうございました。
節分の日の父親の心情が面白いですね。
かなと、詠嘆なさるのがお好きなようですね。色々拝見いたしました。
革靴の何が軽いのかに焦点を絞って直させて頂きました。
節分の夜革靴の音の軽し
かなをつかうなら、
節分の夜革靴の音軽きかな
というのはどうでしょうか。
参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、西山ゆりさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の夜の革靴の軽きかな」の批評

回答者 世良日守

酔いどれ防人様
こんにちは😃世良です!いつもお世話になっております😊
春一番句にコメントありがとうございました!確かに漢字多いのでいかがなものかと思ってはいました😆
掲句節分の句、景がハッキリ見えて好きな句です😊
私なら下五は少し軽快さを入れてみるかなぁと思います😆
◯節分の夜の革靴の軽きこと

点数: 1

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の夜の革靴の軽きかな」の批評

回答者 たけたけ

酔いどれ防人様
いつもお世話になっております。竹内です(*^-^)
私は下五の「軽きかな」が鬼役のお父さんが仕事で疲れているけど、「よし、今から子どもたちを楽しませるぞ」と気持ちを切り替えて歩いていく姿も想像できて、素晴らしいなと思いました。

2音あると何かいろいろくっつけたり、情報を増やしたくなりますが、酔いどれ防人様はご自身が一番強調したいこと、感動の中心をひとつに絞り、切れ字の「かな」を使って言い切ってらっしゃるので…やっぱりとても俳句を作るのがお上手だなとあらためて思いました。

私も、あれこれごちゃごちゃ書かず、感動の中心をひとつに絞り、切れ字を上手に使えるようになりたいです。
いつになることやら…ですが😖💧
がんばります。

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の夜の革靴の軽きかな」の批評

回答者 北あかり

酔いどれ防人さん
こんばんは、北あかりです。
まだまだ何も習得できていない俳句ですが、
特に課題感を持っているのが
「切れ」と「説明」です。
にも、関わらず、2つにミスを指摘されるまで
気づかない自身の未熟さに呆れてしまいます。
添削いただきました句、拝読しました。
お婆さんが缶コーヒーを投げ渡すシーン具体的なシーンは大変に参考になりました。
この度はありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の夜の革靴の軽きかな」の批評

回答者 腹井壮

酔いどれ防人さん、こんばんわ。いつも御世話様です。

子を持つ身ならではの句ですね。きっと子供から「今日は節分だから早く帰ってきて鬼になってね」と言われたお父さんなのでしょう。
確かに季語の定着性が気になりますので

革靴とネクタイのまま鬼やらい

家に上がる前の玄関先で豆まきをしているシーンを詠んでみました。
参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の夜の革靴の軽きかな」の批評

回答者 たけたけ

酔いどれ防人様
いつもわかりやすいコメントや添削をありがとうございます。竹内です(*^-^)
「春の雪」の添削をありがとうございました。
自分で作ってはみたものの類想類句が多そうだな…と思い、オリジナリティを出そうと頑張った結果、一人滑りしていることに気づきました😞
たしかに、あの情報で煙草屋の主の椅子ってわからないですね。
もっと分かりやすくストレートに書けばよかったとしみじみ思いました。

最近、多作多捨を意識してたくさん句を作ってみますが、捨てる句だらけで…先週なんて結局全部、捨てちゃってなにもなしです。
初心者向けの本に「下手な句をどうにかしようと思わず、さっさと潔く捨てて次の句を!」と書かれていたので潔くやっています。
来週は1つでも残る句があるといいのですが…😞
頑張ります。

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鳴らぬとはさびしかりきて除夜の鐘

作者名 游歩人 回答数 : 1

投稿日時:

そうせよと言うから向日葵になった

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

我が一歩一歩一歩の登山道

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『節分の夜の革靴の軽きかな』 作者: 三日酔いの防人
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ