俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

振り向けばまなざし深き寒雀

作者 ハオニー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

寒雀って、今も食べられているのですね
「ぼくを食べるの...?」と言っているような気がしました

最新の添削

「振り向けばまなざし深き寒雀」の批評

回答者 ささゆみ

いつもご意見ありがとうございます。「寒雀」の愛らしさを眼差しで表現なさるのはさすがだなぁ。と感嘆しておりました。あと、「流行り風邪」のコメントも嬉しく拝見しました。
さて、春暁と初誕生の句は自分でも唖然としてしまいました。なんでこんな基本中の基本を・・・
本当にお恥ずかしい限りです。
もっと気を引き締めて俳句と向き合わねばなりません。

点数: 1

添削のお礼として、ささゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

振り向けばまなざし深き寒雀の批評

回答者 三日酔いの防人

ハオニー様、こんにちは。私は寒雀を食べたことはありません。酒のつまみに食べてみたいものですね。
さて、掲句ですが、バランスのとれた良い句かと感じました。上五『振り向けば』これは寒雀に振り向いたわけではありませんね。この際、偶然にも愛らしい寒雀の悲哀を感じたのでしょう。まなざしの平仮名表記も『深き』を効果的に演出しております。御見事です。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

「振り向けばまなざし深き寒雀」の批評

回答者 腹井壮

ハオニーさん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。

確かにこの句からはコメントのイメージは伝わりませんがそれを目的とした句とも思えませんでした。発想としてはやはり農学部出身だけに自然の摂理に目をつけたところが光ると思います。
また、「ば」という助詞を使ったあたりにハオニーさんらしからぬ物を感じました。

振り向けば深きまなざし寒雀

中七で一拍置いてリズムを調えたほうがよろしいかと思いました。
参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「振り向けばまなざし深き寒雀」の批評

回答者 吉田一音

ハオニー様 はじめまして、吉田一音です。 「珈琲の」句にコメントいただきまして有り難うございます。 二人の距離感に「冬」は「尽きている」と 二重否定の季語を使いましたが、私の考え過ぎでした。 ストレートに「春隣り」が良いかなと思っています。

さて「振りむけば」の句につきまして、此処に出て来た すずめ は誰でしょう? 誰なら落ち着くのか 未だ判らずにおります。

よろしくお願い致します。 一音

点数: 1

添削のお礼として、吉田一音さんの俳句の感想を書いてください >>

「振り向けばまなざし深き寒雀」の批評

回答者 04422

ハオニー様こんにちは!申しました様に確かに場をにごす句です。丁寧なコメントありがとうございます。二度もくどくどと節分即ち繰り返してしまいました。才能がないのでしょう。半年過ぎて初歩的な間違いにさえ気づかずに投句する情けなさ。もう少し頑張ってみます。推敲して投句できるようにします。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「振り向けばまなざし深き寒雀」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削、コメントありがとうございます。🙇
ひらがなですと一字一字確認しながら、読者もゆっくりよむことになるので、その効果?は狙いました。読んでから、ああ雪ねもありかと。
記号、句読点、小文字、絵文字など入力できますと、この窓口も投くかの幅が広がります。他の窓口は、ほぼ入力可です。
ハオニー様のお力で、入力環境の改善をお願いします。また、宜しくお願いいたします。寒雀の句、食用云々は読み取れませんでした。痩せて目が窪んでいるのかな?と想像いたしました。振り向くのは人、雀、
読み手の勝手かと感じます。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「振り向けばまなざし深き寒雀」の批評

回答者 北あかり

ハオニーさん
こんばんは、北あかりです。
参考になるご指導ありがとうございました。
「逆」との指摘、大変に納得しました。
私の実力では、まだ「穴持たず」は扱いきれるテーマではなかったところを、ハオニーさんに形にしていただき参考になりました。
「穴持たず」と「羆」を近づける、
鹿のトーンを落とす。
勉強になります。
言葉の選択ばかりに気を取られ、語順の大切さを疎かにしていた自分に気付かされた思いです。
今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

「振り向けばまなざし深き寒雀」の批評

回答者 北あかり

ハオニーさん
こんばんは、北あかりです。
添削いただいたありがとうございました。
ハオニーさんの添削を拝読し、「そりすべり」の句に感じていた違和感の正体がわかった思いです。
《「坂下」がどうも気になる、けど何が悪いのかがわからない。》そんな心情でしたが、「坂下」が「説明」だったとは全く気付きませんでした。
私は正直、俳句の「説明になっている」がまだ理解できないのです。
今回ご指摘をいただき「説明」の何なるかが少しだけ分かった気がしました。
また、私に心得があるなんて大変にもったいない言葉をいただき、恐縮な思いです。
昨年末に俳句を「作ってみた」レベルで
俳句を「はじめた」ともまだ言えないような身分です。
五七五に感じたことを等身大で表現できるよう
私なりの努力を細々続けていけたらいいな、と考えております。
今後も道場を汚す拙い句を晒すこともあると存じますが、またコメントを頂戴できましたら、嬉しく思います。
この度はありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

「振り向けばまなざし深き寒雀」の批評

回答者 04422

ハオニー様こんばんは!いつも懇切丁寧なコメントありがとうございます。
田舎町です。月一か二か月に一度程度老舗旅館の一間を借りて東京から著名な
落語家を呼んで落語会と銘打って観客六~七十人程度のこじんまりとした落語会の事ですが…寄席とは呼んでいません。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「振り向けばまなざし深き寒雀」の批評

回答者 たけたけ

ハオニー様
いつもお世話になっております。竹内です(*^-^)
ハオニー様の視点は面白くて、本当に賢い方だなといつも尊敬しています。
昔、焼き鳥やさんで初めて雀を食べたときのことを思い出しました…。
恐ろしい姿になっていましたが…2本も食べてしまいました。
まなざし深き…
目をそらしてしまいそうです。

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

シルク舞う巣立ちの歌にワンピース

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

半衿の白さ浮き立つ菖蒲園

作者名 やす 回答数 : 1

投稿日時:

しんしんと酒を飲みつつ春を待つ

作者名 負乗 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『振り向けばまなざし深き寒雀』 作者: ハオニー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ