俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

日溜まりにまた一羽来し寒雀

作者 吉田一音  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

通勤の池の端、朝日のさす場所を雀が ちゅん と鳴きながついばんでいました。 其処へ また一羽が 木から降りて来ました。 見得た通りに詠みました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「日溜まりにまた一羽来し寒雀」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。
いつもありがとうございます。🙇
私の句力の無さも原因かと思いますが、映像が広がりません。説明としては、「ああ、そうなんだ」と伝わってくるのですが、。写生句と説明句の違いなんだろうと思います。上手く説明できず、すみません😢🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

日溜まりにまた一羽来し寒雀の批評

回答者 三日酔いの防人

吉田一音様、おはようございます。
良い状況を写生いたしましたね。中七の一羽(来し)が、説明的ですね。
語順を変え、切れを入れます。
寒雀日溜まりにまた一羽かな
と提案致します。

点数: 0

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

「日溜まりにまた一羽来し寒雀」の批評

回答者 04422

吉田様おはようございます。良い句だと思います。ただ、「に」がくどく感じますが、これはこれで良いと思います。情景が浮かんできます。

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

円満な仕上げの多彩の紫陽花

作者名 孫春艶 回答数 : 1

投稿日時:

向日葵や燦たる空へ峙たむ

作者名 みちのく 回答数 : 1

投稿日時:

春深しこころ至らず老ひにけり

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『日溜まりにまた一羽来し寒雀』 作者: 吉田一音
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ