俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

遠雷や麺大鍋に茹でてをり

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

また蕎麦をゆでた

最新の添削

「遠雷や麺大鍋に茹でてをり」の批評

回答者 負乗

竜子さん、おはようございます🙂
コメントありがとうございました。

拙句の、「一線上に」に注目してくれて、嬉しいです。大した句ではありませんが、

御句、秋元不死男の有名な、
「鳥渡るこきこきこきと缶切れば」
という句を思い出しました。

「茹でてをり」という、ふにゃとした言い方よりも、完結的に、

「遠雷や麺大鍋に茹で上がる」

の方が、良くないですかね…

「遠雷や堅き麺いま茹で上がり」

"硬"と"軟"の対比として…

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「遠雷や麺大鍋に茹でてをり」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様おはようございます。
そばシリーズですね。面白いです。
原句で佳いのですが、さらにその先まで詠んでみました。

遠雷や藪そば茹でてさらしをり

氷水でしめる場面まで描写しましたが、やりすぎでしょうか?

点数: 2

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠雷や麺大鍋に茹でてをり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。
これはなかなかいいですねー。遠雷がゴロゴロと聞こえる。気になることは気になるが、気にするほどでもない。
それより今は、大鍋いっぱいに茹でているお蕎麦が大切。

中七ですが、次のような語順もありかと思いました。

・遠雷や大鍋に麺茹でてをり

また、御句から発想をいただき、次のようなのが浮かびました。

・空爆のニュースに蕎麦を茹でてをり

ああっ、季語がない!引っ込めます!

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠雷や麺大鍋に茹でてをり」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

こんにちは

石鯛句へのコメントありがとうございました
拙句はやはりフォーカスが絞り切れておらず散漫としていましたね
若干、そうかとは思っていたのですが上手い措辞も浮かばず、、、
精進あるのみですね

御句につきましてはそのままいただきます
よろしくおねがいします

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠雷や麺大鍋に茹でてをり」の批評

回答者 松健四歩

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
蒸し暑い時期には、さっぱりとしたざる蕎麦とか、素麺とかが
最高ですね。
大きな鍋と言うことは、家族揃ってのお昼でしょうか?
涼しげないい句と思います。
少しだけ変えてみました。

遠雷や大鍋に麺茹でてをり

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、松健四歩さんの俳句の感想を書いてください >>

「遠雷や麺大鍋に茹でてをり」の批評

回答者 松健四歩

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
返信ありがとうございました。
御句についてですが、
口語文にしますと、
「麺(を)大鍋で茹でている」
「大鍋で麺(を)茹でている」
となると思います。
好みの問題かと思いますが
私は遠雷に合わせて、「大鍋」を先にした方が良いかなと
思った次第です。
次に拙句の蝸牛の句ですが、
「俺の庭ぞ」=「俺の庭だ」に
なるのですが、
「俺の庭とぞ」は、どういう意味になりますでしょうか?
私も、古語および古語文法はよく分かりませんので、、、
よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、松健四歩さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鳥の巣やコロンボ葉巻くゆらせて

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

放課後のカーテンなびく飛花落花

作者名 めい 回答数 : 11

投稿日時:

珈琲でようやっと醒む花の雨

作者名 IZMIN 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『遠雷や麺大鍋に茹でてをり』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ