俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

靴空に星に届けと跣の子

作者 気まぐれ亭いるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

少年少女らが夜空に向かって大きく靴飛ばしをしている

上五に靴を入れるかどうか悩みました
「この空に」とした方が窮屈さはなくなりますが、、

最新の添削

「靴空に星に届けと跣の子」の批評

回答者 慈雨

気まぐれ亭いるか様、立て続けに前の句にすみません。
御句、靴飛ばしとは面白いところを詠まれましたね!しかも夜空にとはロマンティックです。

一方、竜子さまがサラリと鋭いことを書いてらっしゃるのですが、この句で「跣(裸足)」が出てくるのがちょっと変な気がします。
「裸足の子が靴飛ばしをした」というのはあり得ないので、「靴飛ばしをした結果、裸足になった」ということかと思いますが、その情報は必要だろうか?と思ってしまいました。
私の鑑賞がずれていたらごめんなさい。またよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「靴空に星に届けと跣の子」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

気まぐれ亭いるか様おはようございます。
御句、コメント通りに詠んでみました。

星月夜靴を飛ばすや跣の子

ただ、秋の季語になってしまいました。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「靴空に星に届けと跣の子」の批評

回答者 松健四歩

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
子供の頃を思い出させる懐かしい仕草の句ですね。
あの頃には夢がありますね。
初読、靴空に少し戸惑いました。どんな空かなと。(バカですね)
靴投げてとかだとすぐに分かったのですが。
次に、夜に裸足になって靴を星めがけて投げる子供の心境を考えました。
そうだ!この子は今、浜辺にいるんだ。と思いました。
この少年は、靴を脱ぎ裸足で砂浜に立っているんだ。
そう思った時、さらに懐かしい句となりました。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、松健四歩さんの俳句の感想を書いてください >>

「靴空に星に届けと跣の子」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

気まぐれ亭いるかさん、こんにちは。
御句拝読しました。いい句ですねー。一茶の雰囲気ですね。

ただ、ご自身でご懸念のように、上五が、青空とか星空とかのように靴空という空があるようです(ごめんなさい)。
そこで、コメントを活かして

・靴飛ばし空に星にと裸足の子
・空に星に靴飛ばし合ふ裸足の子

「跣」は確かに季語の正しい表記ですが、読めない人が多そうなので、私は個人的な好みで裸足とさせていただきました。ご容赦ください。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「靴空に星に届けと跣の子」の批評

回答者 笙染

句の評価:
★★★★★

気まぐれ亭いるか様:
何時も有難うございます。
’ジキタリス’のコメント、提案句有難うございます。
確かに’’全体的に言いたいことが不明瞭で景にも乏しい感じを受けました‘’
皆さん同じ批評です。一番の難題です。勉強・勉強です。
これからも宜しくお願い致します。

笙染

点数: 1

添削のお礼として、笙染さんの俳句の感想を書いてください >>

「靴空に星に届けと跣の子」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

星に届けと続くので「空に」は要らないかな。
「靴飛ばし」が良いのでは。
"靴飛ばし星に届けと跣の子

よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「靴空に星に届けと跣の子」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

気まぐれ亭いるか様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の茄子の花のコメントありがとうございます。
これは観念句が好みの先生がいますのでつい作ってしまいました。
茄子の花下向きに咲きますので、それを見てひたむきとダジャレみたいですみません。
御句
季語がなかったですね。
星までとどけは少し無理がありそうかな?それと靴を脱げ跣ですから
夏空や靴けり上ぐる子供たち
どうでしょうかね?
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒戻り仕事引き上げ畑眺む

作者名 04422 回答数 : 5

投稿日時:

灯り消すことも忘れず月見酒

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

海面に羽ばたき飛んで秋の鳶

作者名 大浦美津子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『靴空に星に届けと跣の子』 作者: 気まぐれ亭いるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ