俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

紫陽花の名残に消える老舗蕎麦

作者 豆柴  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもありがとうございます
馴染みの店がひとつ

最新の添削

「紫陽花の名残に消える老舗蕎麦」の批評

回答者 三男

豆柴さま こんにちは
私もかこ様と同じで「老舗蕎麦屋」の暖簾が再び見られない場面に、紫陽花を溶け込ませてみるのがよいかなと考えてみました。
お店の戸口が開くことはないでしょうし、通じる道も使われないでしょうから。
同じ場所にいる第三者の練習作と割り切ってくださるとありがたいです。
紫陽花や老舗蕎麦屋へ裏がえり
紫陽花や老舗蕎麦屋にしおれをり

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

湿る足献灯遠し戻り梅雨

作者名 新参者です 回答数 : 1

投稿日時:

春光や陛下と共に歳重ね

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

水温む手のなる方へ鯉の口

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『紫陽花の名残に消える老舗蕎麦』 作者: 豆柴
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ